2017年07月13日 サーティーフォー保土ヶ谷球場

氷取沢vs津久井浜

2017年夏の大会 第99回選手権神奈川大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

バッテリーが躍動した氷取沢が乱打戦制す!

 7月13日、夏の高校野球も各地で開幕し、いよいよ高校野球シーズンが本格化してきた。神奈川大会では10会場で20試合が行われる。予定通り進めば今日で1回戦が終了し、予備日を挟んで15日から2回戦が始まる。

 サーティーフォー保土ヶ谷球場の第1試合は6年連続の初戦突破を目指す氷取沢と、新チーム結成以来公式戦初勝利を目指す津久井浜の県立高同士の戦いとなった。

 先制点を奪ったのは津久井浜だった。1回裏、四球と暴投で一死三塁のチャンスを作ると、3番・安部 将吾(3年)が左翼への適時打を放って先制に成功する。流れを渡したくない氷取沢は2回表、4番・杉村 奎哉(2年)の右翼越えソロ本塁打で同点に追いつく。打った瞬間それとわかる一打は大会第15号本塁打となった。両チームのクリンナップの一打で1点ずつを奪った試合はここからしばらく膠着状態が続く。

 氷取沢の先発・三羽 俊介(3年)はワインドアップから体を大きく使い、力強く腕を振って威力十分な直球を投げ込む。初回こそバタついて先制点を許したが、以降は落ち着いて4回まで無失点に抑える。一方、津久井浜の先発・斉藤 光哉(3年)はセットから背中側に倒れこむように体重移動し、グラブを持つ左手を高く上げてがら投げ込むスタイル。こちらも4回まで1失点に抑える好投を見せる。

 試合が動いたのは5回表、四球と二塁打で一死二、三塁とした氷取沢が相手投手の暴投で1点を勝ち越し。しかしその裏の津久井浜も3安打を集めて2点を奪い逆転に成功する。4回までの投手戦から一転、5回以降は点の取り合いとなった。

 1点を追う氷取沢は6回表、一死から4番・杉村が二塁打で出塁すると、そこから4連打が飛び出し一挙3得点。再びリードを奪う。しかしその裏、津久井浜も四球のエラーからチャンスを作ると2番・工藤 航大(3年)の中越二塁打などで2点を返し同点い追いつく。両チームの意地と意地のぶつかり合いでなかなか主導権を握ることができない。

 決定的な点が入ったのは8回表だった。二死から3四球で満塁としたところで、氷取沢の1番・荻野 聖史(3年)の右中間二塁打で2点を加えた。

 粘りたい津久井浜だったが、最後は氷取沢の右翼手・佐々木 雄大(3年)が右中間の飛球を好捕でゲームセット。7-5で氷取沢が逃げ切った。氷取沢のエース・三羽は9回162球の熱投で完投勝利を収めた。これで氷取沢は6年連続の初戦突破を決めた。

 勝った氷取沢は17日に横須賀スタジアム生田東と2回戦を戦う。

(記事=林 龍也)

 全国各地の大会結果や試合レポートはここでチェック!
夏の大会特集ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
日大藤沢、慶応義塾など春、夏に躍進が期待できるチームたちを紹介! 【ニュース - コラム】
第996回 日大藤沢、慶応義塾など春、夏に躍進が期待できるチームたち【後編】【大会展望・総括コラム】
東海大相模、日大藤沢が決勝戦へ!トーナメント表でこれまでの結果をチェック!【神奈川大会】 【ニュース - 高校野球関連】
第918回 横浜、東海大相模を阻む学校は現れるか?ノーシードの実力校も分析!【後編】【大会展望・総括コラム】
第918回 日大藤沢ブロックが最も熾烈!鎌倉学園、桐光学園の戦いの行方は?【前編】【大会展望・総括コラム】
光明相模原vs山手学院【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
第870回 今年の神奈川はシード権をかけた3回戦に注目!序盤から見逃せない!【大会展望・総括コラム】
桐蔭学園vs光明相模原【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
慶應義塾vs津久井浜【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
光明相模原vs日大藤沢【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
光明相模原vs厚木東【神奈川県 2018年秋季神奈川県大会 地区予選】
第702回 【北神奈川展望】北神奈川は序盤から好カードが続出!各ブロックの見どころを紹介!【大会展望・総括コラム】
津久井浜 【高校別データ】
氷取沢 【高校別データ】
第99回全国高等学校野球選手権神奈川大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る