横浜打線、プロ注目の本田を攻略!そして本田が打たれた理由



増田珠(横浜)

 今年の神奈川ナンバーワンピッチャー・本田 仁海。10失点を喫してもその評価が揺らぐことはないだろう。しかし本田が目指すプロで活躍するには、いろいろ課題が見えた試合であり、そして横浜の強さを見せつけた試合となった。

 横浜は非常にミート力が高い選手が多い。この試合でも本田相手にしっかりと狙い球を絞る打撃を見せる。一死から2番山崎が中前安打を打つと、3番斎藤も右前安打を放ち、一死一、二塁のチャンスを作ると、4番増田 珠が甘く入ったスライダーを見逃さず、中前適時打で1点を先制する。さらに二死二塁から6番長南 有航の遊撃強襲安打、7番板川 佳矢の適時打で3点を先制。横浜の打者はスイングに迷いがない。星槎国際湘南バッテリーの配球をしっかりと読んだ上で自分たちのスイングができていた。

 その後も横浜打線の勢いは止まらない。3回表には、一死三塁から6番長南がきっちりと犠飛を放ち、4対0。4回表には、一死一、二塁から2番市村の適時打。さらに一死満塁から5番市村の2点適時打や敵失も重なり、4点を追加。8対0と大きく点差を広げた。

 さらに7回表にも代打・鈴木の2点適時打で計10点。先発の板川 佳矢は130キロ前半のストレート、スライダー、カーブ、チェンジアップを低めに投げ分けながら星槎国際湘南打線を打ち取るピッチング。途中、何度も走者を出しながらも、味方の好守備にも救われて、2年連続の関東大会出場を決めた。

 横浜は、一冬で大きく伸びた。打線は広角に打ち分ける打撃で、プロ注目の本田を攻略するレベルとなり、そして外野手、内野手ともに守備力が上がり、脆さが見えた昨秋と比べると完成度が高いチームへ成長した。選手のポテンシャルも高く、伸びしろがあるのが最大の魅力。夏までどこまで伸びるのか、楽しみだ。