注目の投手、本田 仁海が好投!星槎国際湘南が得点を重ね勝利!



好投した本田 仁海(星槎国際湘南)

 先制したのは星槎国際湘南。1番、小倉が左中間を破る二塁打を放ちチャンスメイク。有賀が送り、一死二塁。そして3番田島の左前適時打で理想的な点の取り方を見せる。

 星槎国際湘南はこの日本田 仁海にマウンドを託した。バランスが良く、小川 泰弘(東京ヤクルト)のようなゆったりとしたフォーム。そして堂々としたマウンドさばきで、初回、2回と打者を翻弄していく。

 ピンチを迎えたのは3回。二死から室岡がライトへ二塁打を打ち、さらに篠崎も四球を選び二死一、二塁。しかし本田のマウンドでの振る舞いを見ると、得点を与える気配がないほど、落ち着いている。8番新井を打ち取り無失点で切り抜けた。

 4回には星槎国際湘南の、6番神尾が二塁打で出塁すると、8番本田が自らのバットで追加点を奪う。6回にも1点を奪い、リードを3点に広げる。

 反撃したい川和が6回にチャンスを迎える。ヒットと四球で二死一、二塁。ここで本田がギアを上げ、ストレートの球速が上がった。篠崎に対して、ストレートで押し込み、三振でピンチを凌ぐ。

 7回裏、星槎国際湘南は一死二、三塁から2番有賀がスクイズ。2塁走者の小倉の好走塁で2ランスクイズになり、大きな2点を手にした。

 川和は9回に意地を見せる。連続四球でチャンスを広げると、3番乘松の犠飛などで2点を奪い返す。しかし星槎国際湘南の4番手で登板した佐野が粘り、ゲームセット。5対2で星槎国際湘南が勝利を決めた。

 星槎国際湘南、本田の好投がチームに勝利を導いた。その本田とともに注目すべき選手が星槎国際湘南の4番、松下 壮悟だ。この試合で2本の安打を打ち、アウトになった打席でも、しっかり捉えた打球を飛ばしていた。「間」がうまく取れていて、うまくボールを捉えることができている。これから先、どこまで成長を見せてくれるのか、楽しみだ。

 敗れた川和はチャンスで得点できなかったのが痛かったが、9回に反撃する粘り強さがある。この試合での課題を成長につなげたい。

(取材・写真=編集部)

注目記事
2017年度 春季高校野球大会特集