横浜栄が鮮やか先制攻撃で港北を下す!

鶴田(横浜栄)

 春季神奈川県大会横浜地区予選。大会期間中、雨天順延が相次ぐ中、両校にとっての三試合となる一戦が神奈川工グラウンドにて行われた。

 1回表、横浜栄先発の左腕・久髙に対する港北の攻撃。1番2番と倒れた後、ヒットと四球で二死一二塁のチャンスをつくる。打席には5番・鷹羽。初球を打ったものの三塁ゴロに倒れ先制のチャンスを活かせない。

 対する1回裏、横浜栄の攻撃。港北の先発・佐伯の立ち上がりを攻め、無死満塁の大チャンスをつくり、4番・鶴田の打球は敵失を誘い1点を先制。港北にとっては不運な形で先制を許してしまった。その後5番・今井、6番・安川の連続適時打も飛び出すなどこの回打者10人の攻撃で6点を先制した。

 先制攻撃を受けた港北は3回表、反撃を試みる。先頭の9番・加藤が四球を選ぶと、1番・森田が内野安打で続き無死一二塁のチャンス。2番・大見が犠打を試みるも一塁手の見事なフィールディングで三塁アウト。二死となり後続も倒れ、初回に続きチャンスを活かすこと出来なかった。

 一方の横浜栄は攻撃の手を緩めることなく2回には3番・目附の本塁打で1点、3回にも1点をあげ、8対0で迎えた5回裏。先頭の3番・安川の二塁打や敵失などでチャンスを広げると後続がしっかりと続き2点を追加。10対0の5回コールド勝利を決めた。

 横浜栄は初回の攻撃が結果的には試合を決めた。チャンスを確実に得点に繋げる攻撃は見事であり圧巻であった。

 敗れた港北はチャンスを上手く活かすことができなかったことと守備の乱れが目立ってしまったか。しかし少人数ながら選手たちの全員野球は見ていた人に伝わっただろう。その中でも捕手の鈴木は大きな声で野手に指示を出し、扇の要にふさわしい役割を果たしていた。

 温かな日が差し込める中、両校共に高校球児らしい一生懸命な姿が光輝いていた。

(取材・写真=編集部)

注目記事
2017年度 春季高校野球大会特集