2017年03月30日 慶應日吉台グランド

慶應義塾vs秀英

2017年春の大会 神奈川県春季大会地区予選 横浜地区予選 Jブロック リーグ戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

慶應の打線が爆発し、秀英を圧倒!

先発・森田(慶應義塾)

 暖かい陽気の中行われた慶應義塾vs秀英。初回から慶應義塾がペースをつかむ。

 圧巻の立ち上がりを見せたのは慶應義塾先発の森田 晃介。先頭から三振を奪うと、その後も三振を積み重ね、5者連続三振を記録。伸びのあるストレート、コントロールされた変化球を駆使し、圧巻の投球を披露。

 この試合、慶應義塾の打線が絶好調だった。
2番矢澤が左前に鋭い打球を飛ばすと、すかさず盗塁。四球もあり二死二塁のチャンスから3連続適時打が飛び出し、この回に4点を先制する。2回にも再び矢澤が安打を放つなど、3本の適時打を放ち、3点を追加。リードを7点に広げた。

 秀英は3回、無死からヒットで出塁するも、犠打失敗で得点圏にランナーを進めることができない。

 その裏に慶應義塾が1点を追加し、迎えた4回。先頭は4番の正木 智也。柔らかくも力強いスイングから放たれた打球は右中間に。そのままフェンスの上部に当たり、見事な本塁打となった。右中間にあれだけの打球を打てる高校生の右打者はそうはいない。この夏注目すべき打者であろう。そのまま試合は終了し、慶應義塾がコールド勝ちを収めた。

 慶應義塾の各打者ともバットが振れおり、鋭い打球を飛ばしていた。この日の打線は10本以上の安打を記録。投げては先発の森田が順調な仕上がりを見せ、快勝。今後の戦いに注目が集まる。

(取材・写真=編集部)

注目記事
2017年度 春季高校野球大会特集

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
数少ないセタニシ出身の木下幹也(横浜)。巨人で支配下登録選手を狙う! 【ニュース - 高校野球関連】
2009年神奈川ナンバーワン右腕として騒がれた白村明弘(慶應義塾出身)も戦力外に 【ニュース - 高校野球関連】
第278回 佐藤輝明(近大)、牧 秀悟(中大)など甲子園未出場の大学生野手たち【ドラフト特集コラム】
第1261回 大学生トップクラスの守備職人・瀬戸西純(慶応大)の高い守備をもたらしたのは「壁当て」 【2020年インタビュー】
第1004回 2020年の神奈川の勢力図は?第一勢力~第三勢力を紹介!【大会展望・総括コラム】
第7回 金足農の県勢103年ぶりの決勝進出で改めてその存在がスポットを浴びた秋田県【公立校特集】
第4回 山陰をリードしてきた伝統校である鳥取西と米子東が高校野球史を語る上で欠かせない理由【公立校特集】
慶應義塾大vs城西国際大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
慶應義塾大vs関西大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
慶應義塾大vs東海大学札幌キャンパス【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
桐光学園vs慶應義塾【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第937回 【神奈川大会総括】東海大相模圧巻の強さも魅せ4年ぶりV!公立校の躍進が目立つ!【大会展望・総括コラム】
東海大相模vs慶應義塾【神奈川県 2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会】
第696回 谷田成吾(徳島インディゴソックス)「泥にまみれ、必ずNPBへ」 【2018年インタビュー】
第452回 加藤 拓也投手(慶應義塾高-慶應義塾大)「プロの世界では自分が勝負できるもので勝負したい」 【2016年インタビュー】
第5回 第96回選手権神奈川大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
慶應義塾 【高校別データ】
秀英 【高校別データ】
春季神奈川県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る