2017年03月29日 相模原高校グラウンド

相模原vs神奈川総合産・相模原青陵

2017年春の大会 神奈川県春季大会地区予選 北相地区予選 Cブロック リーグ戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

相模原が攻守ともに圧倒し、神奈川総合産・相模原青陵をコールドで下す!

好投した石井(相模原)

 この試合、相模原が初回から神奈川総合産・相模原青陵を圧倒した。
 相模原は、相手エラー、盗塁、犠打で一死三塁の先制のチャンスを作る。ここで3番柴田が一塁強襲の内野安打であっという間に先制。その後、2つの相手エラーでチャンスを広げ、6番近藤の内野ゴロの間にもう1点を追加。ここまで、相手ミスにつけ込んだ得点だったが、続く7番水野、9番山本には鮮やかなタイムリーヒットが飛び出し、初回からの猛攻で5点を奪った相模原

 さらに、4回には、相模原は、先頭の9番山本が死球で出塁。
その後パスボールとヒットによりチャンスを広げると、1打席目にタイムリーを放った3番柴田に打席が回る。
この打席でも柴田は勝負強さを見せ、左中間へのタイムリー二塁打を放った。

 一度、火がついた相模原は止まらない。打順は3巡目に入ったということもあり、完全に神奈川総合産・相模原青陵の先発・市村をとらえ、6番近藤、7番水野、8番二宮の三者連続タイムリーなどで、この回一挙6得点。試合を決定づけた。

 投げては、石井、堀場、船橋の3投手による継投で、神奈川総合産・相模原青陵を無失点に抑えた。出した走者は死球による一人のみで、被安打は0。危なげなく神奈川総合産・相模原青陵打線を封じ込んだ。

 終わってみれば攻撃陣は12得点。投手陣も完ぺきな内容で、12対0の5回コールドで、神奈川総合産・相模原青陵を下した。
一方、神奈川総合産・相模原青陵は、序盤のミスが失点につながってしまい、流れを掴めなかった。攻撃陣も無安打に抑えられ、悔しい敗戦となった。

(取材・写真=編集部)

注目記事
2017年度 春季高校野球大会特集

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
松坂大輔、涌井秀章、藤平尚真など横浜高からプロ入りした豪腕たちを振り返る! 【ニュース - 高校野球関連】
横浜、東海大相模だけじゃない!激戦・神奈川県の現在の第一勢力~第三勢力を紹介! 【ニュース - コラム】
第1004回 2020年の神奈川の勢力図は?第一勢力~第三勢力を紹介!【大会展望・総括コラム】
第937回 【神奈川大会総括】東海大相模圧巻の強さも魅せ4年ぶりV!公立校の躍進が目立つ!【大会展望・総括コラム】
東海大相模vs相模原【神奈川県 2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会】
相模原vs横浜【神奈川県 2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会】
東海大相模vs相模原中等教育【神奈川県 2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会】
光明相模原vs山手学院【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
向上vs桐蔭学園【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
第739回 【南北神奈川大会総括】 盤石の強さを見せた横浜 強打野球に転換した慶応義塾【大会展望・総括コラム】
第68回 神奈川県立瀬谷高等学校 (神奈川)【僕らの熱い夏2016】
第311回 【神奈川展望】横浜、東海大相模の二強に待ったをかけるのは?神奈川の有力校を紹介!【大会展望・総括コラム】
第5回 第96回選手権神奈川大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
神奈川総合産・相模原青陵 【高校別データ】
相模原 【高校別データ】
春季神奈川県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る