2017年03月29日 相模原高校グラウンド

綾瀬西vs橋本

2017年春の大会 神奈川県春季大会地区予選 北相地区予選 Cブロック リーグ戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

序盤のリードを守り抜いた綾瀬西が、粘る橋本を下す!

完投勝利の嶋貫(綾瀬西)

 初回、綾瀬西は1番新井がレフトへ強烈なライナーを放つ。相手守備の乱れの間に、いきなり無死二塁と先制のチャンスを作る。続く2番氷川が三塁線への絶妙なバントヒットでチャンスを拡大し、続く3番丸山。見事、ライト前へ適時打で先制点をあげる。そして、4番吉田はセンターの頭上を越える2点適時三塁打、6番嶋貫にもタイムリーヒットが出て、初回に4点を先取した。

 綾瀬西は4回にも、四球やバントなどで二死二塁のチャンスを作る。1番新井がセンター前ヒットを放ち、追加点。試合は5回終わって、5対0と綾瀬西がリードを広げる。
 しかし、迎えた7回。橋本が反撃を開始する。二死から2番小家山がヒットで出塁。その後、盗塁でチャンスを作り、続く打者はサード後方へのフライとなりチェンジかと思われたが、綾瀬西にも、守備のミスが出て、その間に二走が生還。橋本は1点を返した。

 6回から橋本は投手を西村から打井にスイッチ。この打井が好投を見せ、流れを橋本に呼びこんだ。7、8回は三者凡退に斬って取り、攻撃へ良いリズムを作った。
 迎えた最終回。橋本は先頭の9番鈴野がライト前ヒットで出塁。一死後、綾瀬西の嶋貫の制球が突如乱れ、二者連続四球で満塁。ここで、この試合まだ当たりのない4番竹田に打席が回る。粘った末、これぞ4番とも言える強烈なセンター前ヒットを放ち、二者が生還。3対5と2点差に迫る。
 それでも、綾瀬西・嶋貫がここで踏ん張りを見せ、後続を二者連続三振に斬って取り、粘る橋本を振り切った。

 試合は、5対3で綾瀬西が勝利。敗れはしたものの終盤に驚異的な粘りを見せた橋本。後半戦は橋本ペースだっただけに、序盤の失点が悔やまれる。初回の4点が無ければ、試合の結果は変わっていたかもしれない。
非常に締まった好ゲームを見せた両校。今日よりも成長した姿を、夏に見せてくれることを期待したい。

(取材・写真=編集部)

注目記事
2017年度 春季高校野球大会特集

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
初芝橋本vs箕島【和歌山県 2020年夏の大会 高校野球和歌山大会】
初芝橋本vs海南【和歌山県 2020年夏の大会 高校野球和歌山大会】
横浜、東海大相模、慶應義塾!強豪校がひしめく混戦ブロックを徹底分析! 【ニュース - コラム】
第918回 横浜、東海大相模を阻む学校は現れるか?ノーシードの実力校も分析!【後編】【大会展望・総括コラム】
那賀vs初芝橋本【和歌山県 2019年春季大会 平成31年度春季和歌山県大会】
智辯和歌山と市立和歌山の双璧を崩すのはどこ?春の和歌山県大会の見どころ! 【ニュース - コラム】
第879回 智辯和歌山、市立和歌山の2強に割って入る台風の目は?春季和歌山県大会の展望を考察!【大会展望・総括コラム】
秦野曽屋vs綾瀬西【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会地区予選 湘南地区】
第774回 秋季和歌山大会を徹底展望、高嶋監督勇退の智辯和歌山が本命か【大会展望・総括コラム】
市立和歌山vs初芝橋本【和歌山県 2018年春季大会 平成30年度春季和歌山県大会】
第467回 春季神奈川県大会開幕!注目のブロックと好カードは?【春季神奈川大会展望】【大会展望・総括コラム】
第132回 【春季大会展望】目指すは夏のシード権!激戦の神奈川春季県大会展望!【大会展望・総括コラム】
綾瀬西 【高校別データ】
橋本 【高校別データ】
春季神奈川県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る