着実に得点を重ねた山北が二宮を下す!

好投を見せた池田(山北)

 昨日と午前中の雨により試合は危ぶまれたが、平塚学園の選手による懸命なグラウンド整備により、約3時間半遅れで試合開始となった。懸命な整備を行ったとはいえ、万全ではないグラウンド状況に加え、曇り空による視界不良や強風が吹くなど悪条件がそろう中、山北二宮の両校は悪条件に屈せず好ゲームを見せた。

 試合は初回から動いた。先制したのは山北。制球の定まらない二宮のエース瀬戸を攻め、2つの四球でチャンスを作り4番河野。見事三遊間を破り、幸先よく山北が先制する。

 先制された二宮は反撃したいところだったが、山北の池田に序盤3回までに6三振を喫するなど、なかなか反撃の糸口が見つけられずにいた。

 しかし、2巡目に入った4回。ヒットと2四球で無死満塁のチャンスを作る。ここで5番松本がレフトへ犠牲フライを放ち同点。試合を振り出しに戻した。

 同点とされた山北は直後引き離しにかかる。ヒットと四球で一死二塁とし、9番府川。完ぺきにとらえた打球は、右中間を破るタイムリー三塁打となった。勝ち越しに成功した山北はなおも三塁に府川を置き、1番清水がレフトへ犠牲フライを放ちもう1点追加。2点の勝ち越しに成功した。追いつかれた直後に、再度リードを奪えたことは山北にとって大きかったと言えるだろう。

 この2点によって試合は完全に山北ペースとなった。そして6回貴重な追加点を挙げる。

 6回、簡単に二死となったものの、8番池田が右中間を破る三塁打を放ちチャンスメイク。このチャンスに前の打席タイムリー三塁打を放っている9番府川に打席が回る。この打席でも高い集中力を見せ、左中間を破るタイムリー三塁打を放った。9番打者ながらタイムリー三塁打2本を放った府川。恐怖の9番打者と言っても過言ではない。

 そして続く1番清水も、右中間を破るタイムリー三塁打を放ち、二宮の中継が乱れる間に清水も生還。得点にはならなかったものの、2番多田も左中間に三塁打を放つなど、4連続長打で3点を挙げ試合を決定づけた。

 投げては、山北・池田が変化球を有効に使い、8回1失点の好投。試合を勝利に導いた。

 敗れはしたものの、4回に同点に追いつき、最終回には山北の二番手・尾崎を攻め二死満塁のチャンスを作るなどして善戦した二宮。粘り強い野球を見せたが、追いついた直後の失点や、チャンスでの一本が出なかったことが悔やまれる。

(取材・写真=編集部)

注目記事
2017年度 春季高校野球大会特集