茅ヶ崎西浜、総合力でタレント揃いの星槎国際湘南を破る!

 ひょっとしたらこれが番狂わせかもしれない。桐蔭学園元監督の土屋恵三郎氏が監督に就任をして、着実に力をつけてきた星槎国際湘南。大会に入っても、立花学園光明相模原といった強豪を下して、4回戦まで勝ち進んでいる。

 投打に逸材がいて、1年生4番・松下 壮悟は13打数10安打2本塁打 6打点、打率.769と大当たりを見せている。そして140キロを超えるエース・本田 仁海(2年)も安定感抜群。前評判では星槎国際湘南が高かった。

だが茅ケ崎西浜は1回裏、一死満塁のチャンスを作り、5番山下 達也(3年)の適時打や7番山口諒太(3年)の適時打、さらにボークで一気に4点を先制。さらに2回裏には、1回途中からマウンドに登っていた本田から3番尾崎凱(3年)が左前適時打を放ち、5対0と点差を広げ、試合の主導権を握った。星槎国際湘南はこの回、エラーが絡んでいて、守備のミスから相手に流れを渡してしまった。

 茅ケ崎西浜は、シートノックから内野手のボール回しが実にそつがなく、さらに打球処理を見ていても非常に丁寧で、各選手の技量は高い。とてもエラーする雰囲気はなかった。

 また強打の星槎国際湘南を抑えたエース・宮田 惣太(3年)は右サイドから常時120キロ後半~130キロ前半の速球を両サイドに投げ分け、120キロ前後のスライダー、シュート、カーブを低めに投げ分けができる投手。開きも小さく、リリースポイントも安定していて、変化球は手元でぐっと沈んでいくので、芯で捉えるのは難しい投手。緩急を使い分けたり、相手打者の狙い球を外して打たせて取るのが上手く、宮田は2点を失ったが、最後まで自分のペースで投げて打たせて取る投球に徹することができた。

 宮田の実戦的な投球を見ると、星槎国際湘南はこれほど嫌な投手に5点の援護を与えてしまったといえるだろう。神奈川の公立校の投手でこれほどテクニックに長けた技巧派サイドハンドはなかなかいないだろう。