2016年04月23日 サーティーフォー保土ヶ谷球場

日大高vs桐蔭学園

2016年春の大会 神奈川県春季大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

日大高、投打が噛み合い昨秋に続いて準決勝へ

好投する岩本(日大高)

 サーティーフォー保土ヶ谷球場で行われた春季神奈川大会準々決勝第一試合日大高桐蔭学園の一戦。桐蔭学園投手陣の不安定な立ち上がりを攻め、集中打を放った日大高が勝利し、準決勝へ駒を進めた。

 初回、桐蔭学園先発の徳永 凌雅は先頭の渥美に右中間を破る二塁打を浴び、続く黒木に死球を与え降板。代わってマウンドに上がったのはエースの小川 隼平。しかし先頭バッターの丹羽 敬太に四球、5番千葉と6番河西に連続タイムリーを浴び3点を失う。そして続く2回にも2番黒木にタイムリーを浴び4失点。日大高桐蔭学園の立ち上がりの不安定な投手陣を攻めた。

 一方日大高先発・岩本は上手、横手、クイック、高く足を上げて投球する変則投球で桐蔭学園打線に的を絞らせず凡打の山を築く。

 5回の日大高の攻撃は、先頭の丹羽が左中間を破るツーベースヒットを放つなど無死満塁のチャンスを作るが桐蔭学園のエース小川が意地を見せ無得点に抑える

 その裏、桐蔭学園は連続四球によりこの試合2度目のチャンスを作るもあと一本が出ず無得点。岩本は3回に2本のヒットを浴びるもそれ以降ヒットを許さず2安打ピッチングの好投。

 2回以降得点を許さず立ち直ったかに見えた小川だが6回日大高打線に再び捕まる。1番渥美を四球で出すと3番丹羽がこの日二本となるタイムリーツーベースヒットを放ち2点を追加されてしまう。

【次のページ】 日大高vs桐蔭学園(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
石川昂弥は高水準キープ!森敬斗、田部隼人のDeNA遊撃コンビが躍動! 【ニュース - 高校野球関連】
ホームランで存在感示したルーキー・森敬斗。変わらぬフルスイングとバージョンアップした部分 【ニュース - 高校野球関連】
第5回 思い通りにならなかった桐蔭時代、それでも最後までやり抜いた経験が財産となる。プロを経験し経営者として活躍 株式会社GSL・小野剛社長(桐蔭学園OB)【人生で大切なことは高校野球から教わった】
第1004回 2020年の神奈川の勢力図は?第一勢力~第三勢力を紹介!【大会展望・総括コラム】
第1146回 元プロを父に持つ中学通算本塁打20本以上の長距離砲 小野勝利(狭山西武ボーイズ)が狙うは高卒プロ入り 【2020年インタビュー】
第996回 日大藤沢、慶応義塾など春、夏に躍進が期待できるチームたち【後編】【大会展望・総括コラム】
第992回 高校野球ドットコムが選んだ「2019年最強ベストナイン&MVP」を発表!【大会展望・総括コラム】
第228回 石川、森、韮澤…。プロ志望表明のU-18代表野手はプロで活躍できる魅力が備わっている【ドラフト特集コラム】
第1047回 覚醒目前!強打の核弾頭・森敬斗(桐蔭学園)を目覚めさせた指揮官のワンポイントアドバイス 【2019年インタビュー】
向上vs桐蔭学園【神奈川県 2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会】
向上vs桐蔭学園【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
啓新vs桐蔭学園【第91回選抜高等学校野球大会】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第869回 「あれこれ考えない思い切り」が福岡大真(筑陽学園)の打撃を生み出した 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
筑陽学園vs桐蔭学園【2018年 第49回明治神宮野球大会】
桐蔭学園vs春日部共栄【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
桐蔭学園 【高校別データ】
日大高 【高校別データ】
春季神奈川県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る