2016年04月20日 バッティングパレス相石スタジアムひらつか

慶應義塾vs川崎北

2016年春の大会 神奈川県春季大会 4回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

慶應義塾が2回まで10得点!川崎北を下してベスト8進出!

森田投手(慶應義塾)

 ベスト8目指す慶應義塾と二季連続ベスト8を目指す川崎北の試合が行われた。

 試合は接戦が予想されたが思わぬ展開で慶應義塾が大差で川崎北を下した。
川崎北は1回表、慶應義塾の先発の森田の立ち上がりを攻め、二死一、三塁のチャンスを作るも後続が抑えられ、先制の好機を逃した。一方の慶應義塾は1番大串の左越え二塁打を足がかりに川崎北の先発・大津の立ち上がりを攻め、打者一巡の猛攻で6点を先制する。
 2回にも慶應義塾は2つの四球を足がかりに4点を加えた。3回に川崎北は先発大津から2番手佐藤に継投し、その佐藤は3回、4回と慶應義塾打線を0点に抑えるも、川崎北打線は慶應義塾・森田の前にヒット1本に抑えられる。5回に慶應義塾は先発森田から左投手の柏木に継投し、川崎北は柏木の四球からランナーを出すも後続が打ち取られ、5回10対0で慶應義塾の勝利となり、ベスト8を決めた。

 この試合で注目すべき点は慶應義塾バッテリーだろう。先発森田は立ち上がりさえピンチを作ったもののその後は一度も三塁を踏ませなかった。森田は右スリークォーター気味のフォームから、130キロ~135キロ前後の直球とキレのあるスライダーを投げ分ける好投手。
 捕手の西澤は森田のストレートと変化球をうまくリードし、打たせて取る配球、三振を取る配球を打者に応じて使い分けていた。この二人がどのようにこの大会を通して成長していくのか是非注目したい。
 また、楽しみな選手もいた。川崎北高校の2番手・佐藤投手である。継投の際に大差はあったものの慶應義塾打線を0点に抑えた。佐藤投手の良い点は変則的なフォームから同じ腕の振りで繰り出されるストレートとチェンジアップのコンビネーションである。夏までにどう成長するのか注目したい。

(写真・文=編集部)

注目記事
2016年度 春季高校野球大会特集

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
東海大相模や桐蔭学園、慶應義塾などが順当に勝ち上がる【選手権神奈川大会・15日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第1シード鎌倉学園が接戦を制する!2試合を徹底レポート【神奈川大会】 【ニュース - 高校野球関連】
川崎北vs向の岡工【神奈川県 2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第918回 横浜、東海大相模を阻む学校は現れるか?ノーシードの実力校も分析!【後編】【大会展望・総括コラム】
第918回 日大藤沢ブロックが最も熾烈!鎌倉学園、桐光学園の戦いの行方は?【前編】【大会展望・総括コラム】
第894回 桐蔭学園、慶應義塾もノーシード!今年の神奈川は例年以上に過酷な大会だ!【大会展望・総括コラム】
川崎北vs横須賀大津【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
第870回 今年の神奈川はシード権をかけた3回戦に注目!序盤から見逃せない!【大会展望・総括コラム】
横浜vs慶應義塾【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
慶應義塾vs横浜商【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
慶應義塾vs津久井浜【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第696回 谷田成吾(徳島インディゴソックス)「泥にまみれ、必ずNPBへ」 【2018年インタビュー】
第452回 加藤 拓也投手(慶應義塾高-慶應義塾大)「プロの世界では自分が勝負できるもので勝負したい」 【2016年インタビュー】
第256回 石川ミリオンスターズ 吉田 えり投手インタビュー【後編】「ナックルボーラーの険しさは高い山に登るに等しい」 【2015年インタビュー】
第255回 石川ミリオンスターズ 吉田 えり投手インタビュー【前編】「究極のナックルボーラーになるきっかけ」 【2015年インタビュー】
第5回 第96回選手権神奈川大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
慶應義塾 【高校別データ】
川崎北 【高校別データ】
春季神奈川県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る