2016年04月10日 サーティーフォー保土ヶ谷球場

日大高vs星槎国際湘南

2016年春の大会 神奈川県春季大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

日大高、逆転で星槎国際湘南を下し3回戦へ!

先発・森井(日大高)

 4月10日、春季神奈川県大会2回戦2試合がサーティーフォー保土ヶ谷球場で行われた。
第1試合は、日大高星槎国際湘南の対戦。この2回戦から登場となる日大高に対し、星槎国際湘南は1回戦で横浜栄を接戦の末破っている。

 日大高・森井、星槎国際湘南・石橋の両先発で始まった試合を最初に動かしたのは星槎国際湘南。3回表、先頭の9番・古谷がヒットで出塁。一死の後2番・辻もヒットで続き、一死一三塁のチャンスを得る。3番・田島がサード強襲のタイムリーを放ち、まず1点先制。さらに二死二三塁から5番・大城がライト前へ弾き返し、三塁から辻が生還。さらに二塁ランナーの田島がホームを狙うが、ここは日大高ライト・河西の好返球がありアウト。星槎国際湘南はこの回2点を先制する。

 対する日大高はすぐさま反撃に出る。その裏、一死から8番・森井がエラーで、9番・梅島がセーフティーバントで出塁。さらに2番・黒木が四球を選び満塁とすると、ここで3番・丹羽がフェンス直撃のスリーベースを放ち走者一掃。3点を返し3対2と一気に逆転に成功する。

 日大高は5回にも四球で出塁の8番・森井、9番・梅島をバントで送り一死二三塁とすると、2番・黒木がセンターへ2点タイムリーを弾き返し2点を追加。
7回には森井を三塁に置き黒木が今度は左中間を深々と破るランニングホームランを放ち2点を追加。さらに4番・宮田にもタイムリーが飛び出しこの回3点を追加し、8対2とリードを広げる。

 星槎国際湘南は8回、1番・小林、2番・辻の連打でチャンスを作ると4番・小村のタイムリーで1点を返す。だが、反撃もここまで。星槎国際湘南は、日大高を上回る2ケタ10本の安打を放ったものの、単打が中心。日大高先発・森井の粘りもあり、一気に畳みかけることが出来なかった。
8対3で勝利した日大高が3回戦へと駒を進めることとなった。

(写真・文=青木 有実子)

注目記事
2016年度 春季高校野球大会特集

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
日大藤沢、慶応義塾など春、夏に躍進が期待できるチームたちを紹介! 【ニュース - コラム】
第996回 日大藤沢、慶応義塾など春、夏に躍進が期待できるチームたち【後編】【大会展望・総括コラム】
横浜、東海大相模、慶應義塾!強豪校がひしめく混戦ブロックを徹底分析! 【ニュース - コラム】
第918回 横浜、東海大相模を阻む学校は現れるか?ノーシードの実力校も分析!【後編】【大会展望・総括コラム】
第894回 桐蔭学園、慶應義塾もノーシード!今年の神奈川は例年以上に過酷な大会だ!【大会展望・総括コラム】
横浜vs星槎国際湘南【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
第870回 今年の神奈川はシード権をかけた3回戦に注目!序盤から見逃せない!【大会展望・総括コラム】
日大高vs横浜桜陽【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第739回 【南北神奈川大会総括】 盤石の強さを見せた横浜 強打野球に転換した慶応義塾【大会展望・総括コラム】
横浜vs星槎国際湘南【神奈川県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 南神奈川大会】
日大高vs横浜南陵【神奈川県 2017年秋の大会 神奈川県秋季大会】
東海大相模vs日大高【神奈川県 2017年夏の大会 第99回選手権神奈川大会】
第11回 福岡ソフトバンクホークス 荒川雄太 選手 【2008年インタビュー】
星槎国際湘南 【高校別データ】
日大高 【高校別データ】
春季神奈川県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る