2015年04月19日 横須賀スタジアム

横浜創学館vs湘南

2015年春の大会 神奈川県春季大会 3回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

最速146キロ右腕・望月惇志が8安打を打たれながらも要所を締め完投勝利!

先発・望月惇志(横浜創学館)

 今年の神奈川県は、吉田 凌小笠原 慎之介(東海大相模)の2人がドラフト候補として注目されているが、もう1人、NPBスカウトから注目されているのが望月 惇志横浜創学館)だ。188センチの長身から投げ込む最速146キロの速球を誇る大型右腕である。
前日の川崎北戦で、最速146キロを計測し、好調を維持しているが、気になるのは実戦力である。
スピードは出ていても、打たれる投手というのは多い。湘南は、5番大沼 拓都(3年)を筆頭に、ミート力が高い打者が揃っている。望月の実戦力を図るには絶好の相手である。

 注目の立ち上がり。いきなり好打者・笠原に中前安打を浴び、2番淵脇の犠打で一死二塁のピンチを招く。だが3番角谷を空振り三振に打ち取り、4番馬込に死球を与えたが、5番大沼を二ゴロに打ち取りピンチを切り抜ける。

 その裏、横浜創学館は、二死から3番横田が敵失で出塁すると、4番沼上が左中間を破る長打。山田は俊足を飛ばし、一気に本塁に生還し、湘南が1点を先制する。
さらに2回裏、横浜創学館は、6番渡辺は死球。7番上原は遊撃内野安打で無死一、二塁。8番望月が犠打で送り、一死二、三塁から9番伊藤の左前適時打、1番吉川の犠飛で2点を追加。湘南のエース・千脇諒太の立ち上がりをうまく攻めて2回までで3点をリード。望月にとっては大きな援護になった。

 望月は9回を投げ抜くために、序盤は力をセーブして投げていた。130キロ前半のストレート、スライダー、カーブを外角中心に投げ分けるが、湘南打線も望月の速球を捉え、毎回のように出塁する。だが望月はランナー二塁に達すると、ギアを入れ替え、全力投球。140キロ前後の速球で押し切って凌ぐ。この日の最速は144キロ。偵察隊のスピードガンでは、コンスタントに140キロ~145キロを計測しており、スピード能力は本物だろう。

2015年度 春季高校野球大会 特設サイト
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!

【次のページ】 横浜創学館vs湘南(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
向上vs湘南学院【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
東海大相模vs湘南台【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
横浜vs星槎国際湘南【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
湘南工大附vs関東学院【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
横浜創学館、厚木北などが勝利!【春季神奈川県大会 地区予選結果】 【ニュース - 高校野球関連】
七里ガ浜vsアレセイア湘南【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会地区予選 湘南地区】
野球殿堂入り3名発表!高校野球と縁深いあの人も! 【ニュース - その他】
第739回 【南北神奈川大会総括】 盤石の強さを見せた横浜 強打野球に転換した慶応義塾【大会展望・総括コラム】
第701回 【南神奈川展望】3連覇を狙う横浜はそのまま突き進むか?対抗馬は横浜隼人、藤嶺藤沢【大会展望・総括コラム】
第57回 秋山 翔吾「何度も殻を破り、超一流へ成長した」【恩師が語るヒーローの高校時代】
第60回 横浜と東海大相模の2強を桐光学園と慶應義塾が追い平塚学園、横浜隼人等も追随【神奈川・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第585回 【神奈川展望】今年関東開催の神奈川!関東大会を目指した今大会は例年以上の激戦!【大会展望・総括コラム】
第298回 埼玉西武ライオンズ 秋山 翔吾選手【後編】 「前向きに取り組むことが自分のためになる」 【2015年インタビュー】
第297回 埼玉西武ライオンズ 秋山 翔吾選手【前編】 「打撃好調の秘訣をメカニズムの観点からを探る」 【2015年インタビュー】
第5回 第96回選手権神奈川大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
湘南 【高校別データ】
横浜創学館 【高校別データ】
春季神奈川県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る