2014年04月26日 神奈川県立保土ヶ谷公園硬式野球場(保土ヶ谷・神奈川新聞スタジアム)

横浜vs桐蔭学園

2014年春の大会 神奈川県春季大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

しのぎを削る伝統の一戦は、攻守で好プレーを見せた横浜が桐蔭学園をかわして準決勝へ!

 

三番手としてマウンドに上がり、桐蔭打線を封じた伊藤(横浜)

 保土ヶ谷球場は20度を超える陽気、しかも準々決勝のカードが横浜桐蔭学園という伝統の一戦となれば、神奈川の高校野球ファンの足は、球場に向かうというものだ。試合開始前には、スタンドは、8割方埋まってしまった。
 桐蔭学園は右腕・ 須永 悦司、横浜は左腕・春日井 静斗の先発で始まった。お互いに出方を探る静かな立ち上がり。序盤、横浜は早々に投手をつなぐ。春日井から、小田 準右、そして左腕の伊藤 将司をマウンドに送った。

 5回に試合が動いた。鋭い打球をサードがはじき、笠井が出塁。それを1番小宮はすかさずに送りバント。強めに転がるゴロを、素早く前進した投手の伊藤が正面でキャッチし、迷わず反転してセカンドへ送球。さらに、ボールは一塁に転送されてダブルプレー成立となった。流れるような連係プレーは横浜の真骨頂だろう。
 その裏、横浜は3番川口 凌がライト前へボールを落とし出塁。4番高濱 祐仁が倒れてた後、5番渡辺 佳明が、センター前へ強烈なラインドライブを放つ。センターがバウンド処理を誤り後ろに逸らすと、一走川口は、一気にホームに生還して、横浜が先制した。ベンチは畳みかけるように、スクイズを選択。しかし、6番山口 奈翁が食らいつくように当てた打球は、須永のグラブの中へ。すでに三走渡辺は、本塁手前に来ておりダブルプレー。横浜は突き放すことができなかった。

 横浜は8回、浅間が安打と犠打で二塁に立った。打席に入った高浜がセンター前へライナーを弾くと、二走の浅間は、迷うことなく、三塁を回りホームへ駆け込み、2点目を挙げた。試合はそのままゲームセット。横浜が関東大会出場を決めた。
 桐蔭学園はいくつかあったチャンスを潰されて涙をのんだ。夏の前哨戦は、まずは横浜に軍配があがったが、残された期間で、桐蔭学園も大きくレベルを上げてくるはずだ。再戦が待ち遠しい。

(文=高校野球ドットコム編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
鶴見vs横浜南陵【神奈川県 2019年秋季神奈川県大会 地区予選】
金沢総合vs横浜翠陵【神奈川県 2019年秋季神奈川県大会 地区予選】
横浜平沼vs松陽【神奈川県 2019年秋季神奈川県大会 地区予選】
横浜商大高vs横浜翠嵐【神奈川県 2019年秋季神奈川県大会 地区予選】
横浜商vs舞岡【神奈川県 2019年秋季神奈川県大会 地区予選】
高卒1年目で早くも2桁本塁打到達!可能性しかない万波中正に注目だ! 【ニュース - 高校野球関連】
今年も頭角を現してきたスーパールーキー達!徳丸は本塁打、森木は148キロ! 【ニュース - コラム】
第223回 森木、笹倉、徳丸など地方大会で躍動した23名のスーパー1年生たち【ドラフト特集コラム】
第937回 【神奈川大会総括】東海大相模圧巻の強さも魅せ4年ぶりV!公立校の躍進が目立つ!【大会展望・総括コラム】
第935回 センバツ1勝の第1シード高松商中心も 各校タレント多く、波乱要素は十分【香川大会展望】【大会展望・総括コラム】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第996回 「もう一度甲子園に」偉大な先輩の背中を見て学んできた韮澤雄也(花咲徳栄)【前編】 【2019年インタビュー】
第201回 夏はこのスーパー1年生たちに注目だ!厳選リスト25名!【ドラフト特集コラム】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第917回 村田賢一(春日部共栄) 大活躍の源は『鋭い観察力』と『強敵と戦うワクワク感』【後編】 【2019年インタビュー】
第882回 目指すは「取手の山岡泰輔」 リベンジ実現し、5年ぶりの甲子園へ 中山航(藤代)【後編】 【2019年インタビュー】
第882回 闘争心をストロングポイントにライバルに立ち向かう! 藤代エース・中山航!【前編】 【2019年インタビュー】
桐蔭学園 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
春季神奈川県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る