2014年04月20日 神奈川県立保土ヶ谷公園硬式野球場(保土ヶ谷・神奈川新聞スタジアム)

横浜vs相模原

2014年春の大会 神奈川県春季大会 4回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

横浜が準々決勝へ。県立相模は意地見せるもベスト8の壁を突破できず

 保土ヶ谷球場の4回戦で横浜が登場となった。春の選抜甲子園に出場した横浜は今大会、予選が免除され、3回戦から登場し、川和を5対2で下して4回戦に駒を進めてきた。対するは、胸にKENSOのロゴ、「県相(ケンソウ)」の愛称でお馴染みの相模原。3回戦では百合丘を6対4で破り、いよいよ強豪校との対戦に臨む。気温は10.1℃と、やや肌寒いが、湿度65%、曇天のプレーしやすい気象コンディションである。

 先攻は相模原横浜の先発は、伊藤 将司でも日暮 圭一でもなく、背番号11、2年生左腕の春日井 静斗。1回表、横浜は、春日井が相模原の攻撃を三者凡退に終わらせた後、裏の攻撃で早速、相模原に襲いかかる。相模原の先発、新井に対し先頭の浅間 大基がセンター前に落ちるヒットで出塁すると、2番の戸堀がストレートで四球を選び、さらに3番川口 凌が頭に死球を受け、いきなり無死満塁。ここで4番高濱 祐仁はセンターにゴロで弾き返すタイムリーヒットを放ち1点を先制。さらに5番の根本 耕太がバントで送って二、三塁とすると、6番渡辺 佳明が高濱と同じような打球をセンター前に運んで、さらに2点が入り、3対0。続くバッターは7番高井 大地。高井も鋭いスイングで強いゴロをサードに放ったが、相模原はサード井口がガッチリ掴んで5、4、3の併殺に仕留め、失点を3に留めた。

 2回表、今度は相模原が、すかさず反撃に出る。4番今井がセンターフライに倒れた後、続く5番の佐藤がショートへの内野安打で出塁すると、6番塚原が三塁線へ鋭い打球を飛ばす。抜けたかと思われたが、横浜のサード川口が好捕。落ち着いてツーバウンド送球で一塁をアウトにし、二死二塁。ここでバッターは7番木村。ジャストミートした打球はレフトオーバーのツーベースとなって相模原が1点を返す。なおも二死二塁でチャンスは続き、バッターは8番振原。振原の打球は、塚原とは逆に、一塁線に鋭く飛び、これも抜けたかと思われたが、またも横浜はファーストの渡辺が飛び付いて掴み、自らベースを踏んでスリーアウト。鍛えられた守備で、これ以上の失点は許さない。

【次のページ】 横浜vs相模原(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
鶴見vs横浜南陵【神奈川県 2019年秋季神奈川県大会 地区予選】
金沢総合vs横浜翠陵【神奈川県 2019年秋季神奈川県大会 地区予選】
横浜平沼vs松陽【神奈川県 2019年秋季神奈川県大会 地区予選】
横浜商大高vs横浜翠嵐【神奈川県 2019年秋季神奈川県大会 地区予選】
横浜商vs舞岡【神奈川県 2019年秋季神奈川県大会 地区予選】
高卒1年目で早くも2桁本塁打到達!可能性しかない万波中正に注目だ! 【ニュース - 高校野球関連】
甲子園出場の後輩に負けるな! 不振の東海大相模高校OBたち 【ニュース - 高校野球関連】
第223回 森木、笹倉、徳丸など地方大会で躍動した23名のスーパー1年生たち【ドラフト特集コラム】
第937回 【神奈川大会総括】東海大相模圧巻の強さも魅せ4年ぶりV!公立校の躍進が目立つ!【大会展望・総括コラム】
第935回 センバツ1勝の第1シード高松商中心も 各校タレント多く、波乱要素は十分【香川大会展望】【大会展望・総括コラム】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第996回 「もう一度甲子園に」偉大な先輩の背中を見て学んできた韮澤雄也(花咲徳栄)【前編】 【2019年インタビュー】
第201回 夏はこのスーパー1年生たちに注目だ!厳選リスト25名!【ドラフト特集コラム】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第917回 村田賢一(春日部共栄) 大活躍の源は『鋭い観察力』と『強敵と戦うワクワク感』【後編】 【2019年インタビュー】
第882回 目指すは「取手の山岡泰輔」 リベンジ実現し、5年ぶりの甲子園へ 中山航(藤代)【後編】 【2019年インタビュー】
第882回 闘争心をストロングポイントにライバルに立ち向かう! 藤代エース・中山航!【前編】 【2019年インタビュー】
相模原 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
春季神奈川県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る