2014年03月29日 日吉台球場

慶應義塾vs金沢総合

2014年春の大会 神奈川県春季大会 地区予選 横浜地区ブロック予選
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

 

本塁打を放った名幸(慶應義塾)

慶應義塾が3本塁打の豪打を見せ、1位で県大会出場を決める!

 慶應義塾金沢総合の一戦は、慶應義塾が自慢の攻撃力を見せた試合となった。
金沢総合は選手11人のチームだが、チーム力は想像以上に高い。個の選手を見ても、エースの松本は手足が長く、しなやかな腕の振りから投げ込む速球、変化球キレともにまとまっており、簡単に打ち崩せる投手ではない。

 だが慶應義塾はその松本の直球、変化球に対応をしていく。まず1番木村がライト線の二塁打を打ち、3番柳町 達が左中間を破る三塁打で先制。柳町はスクイズで生還し、慶應義塾が2点を先制する。

 そして3回表、打席には4番名幸 大成が立った。振り抜いた打球はバックスクリーン一直線のホームラン。あまりの打球速度、弾道の高さにセンターは見送るだけ。素晴らしいホームランであった。名幸に限らず、慶應義塾の打者はパワーのある打者が多い。

   その要因としては選手のフィジカル的なパワーよりもテクニカル的なバッティングフォームがより長打を生み出しているといえる。慶應義塾の打者の特長として、スタンスを広く取る。次にグリップをやや下げて、ボールを待ち構えている。そして始動が遅く、ギリギリまで引きつけて、アッパースイングに近い軌道で振り抜く。結果として引き付けて打ちにいくので、速球でも、変化球でも、ある程度見極めが出来る。慶應義塾打線は松本の甘く入る変化球を逃さなかった。変化球が打者の手元で低めに変化した時は慶應義塾打線も空振りをしていたが、一つ高く入れば、痛打にしている。

 試合は、続く4回表にも2番三枝の適時打、3番柳町の適時打で2点を追加。さらに5回表には代打で登場した背番号13の橋本がライトへ本塁打を放ち、5回までに9対1と大きくリードする。

【次のページ】 慶應義塾vs金沢総合(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
「Aチームの選手と遜色ない実力を持った選手が何人かいる」堀井監督が期待する慶応大学の新入生たち 【ニュース - 高校野球関連】
強豪・佐倉シニアが選手の進路先を発表 注目は吉開、吉野の慶應義塾進学コンビ 【ニュース - 高校野球関連】
第7回 金足農の県勢103年ぶりの決勝進出で改めてその存在がスポットを浴びた秋田県【公立校特集】
第4回 山陰をリードしてきた伝統校である鳥取西と米子東が高校野球史を語る上で欠かせない理由【公立校特集】
慶應義塾大vs城西国際大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
慶應義塾大vs関西大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
慶應義塾大vs東海大学札幌キャンパス【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
桐光学園vs慶應義塾【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
金沢総合vs横浜翠陵【神奈川県 2019年秋季神奈川県大会 地区予選】
第937回 【神奈川大会総括】東海大相模圧巻の強さも魅せ4年ぶりV!公立校の躍進が目立つ!【大会展望・総括コラム】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第918回 横浜、東海大相模を阻む学校は現れるか?ノーシードの実力校も分析!【後編】【大会展望・総括コラム】
第696回 谷田成吾(徳島インディゴソックス)「泥にまみれ、必ずNPBへ」 【2018年インタビュー】
第452回 加藤 拓也投手(慶應義塾高-慶應義塾大)「プロの世界では自分が勝負できるもので勝負したい」 【2016年インタビュー】
第5回 第96回選手権神奈川大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
慶應義塾 【高校別データ】
金沢総合 【高校別データ】
春季神奈川県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る