2013年09月22日 神奈川県立保土ヶ谷公園硬式野球場(保土ヶ谷・神奈川新聞スタジアム)

横浜vs慶應義塾

2013年秋の大会 神奈川県秋季大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

夏の覇者 横浜が粘る慶応義塾を振り切り、準決勝へ進出!

 

本塁打を放つ活躍を見せた名幸(慶應義塾)

 気温30度の暑さのなか、試合は序盤から動いた。
 先攻の横浜は、慶應義塾の先発・原田の立ち上がりを攻めた。2番渡辺と3番浅間 大基がともに内野安打で出塁し一死一、二塁とすると、4番高濱がタイムリーツーベースを放ち、まず1点を先制。
 続く5番松崎がセンター前に弾き返し1点を追加、さらに6番山口のセカンドゴロの間に3点目を奪った。

 一方の慶應義塾も、立ち上がりの不安定な横浜の先発・伊藤 将司を攻めた。1番の柳町が出塁すると、2人倒れたあと4番の名幸がレフトへ本塁打を放ち2点を返した。
 その後は両エースが立ち直り、力投を見せる。何度かピンチを招くものの要所をきっちり締め、7回まで無失点ピッチングを続けた。
 この間、横浜は5回表に、二死満塁のチャンスを作るも慶應義塾のエース原田に抑えられ、一方の慶應義塾も7回裏に二死一、二塁のチャンスを作るも横浜のエース伊藤 将司に潰された。
 再び試合が大きく動いたのは、8回裏だった。

 攻める慶應義塾は、2番宮田が無死からレフト前ヒットで出塁。続く3番山本が犠打で宮田を送ると、4番の名幸が四球を選び出塁。さらに、代打の井原も四球を選び一死満塁とする。するとこのチャンスに6番三枝が走者一掃のタイムリーツーベースを放ち3点を追加、ついに5対3と逆転に成功した。

【次のページ】 横浜vs慶應義塾(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
井上、遠藤など昨年の阪神ドラフト指名の高校生5人がはつらつとした活躍! 【ニュース - 高校野球関連】
高校野球にも地域性はあるのか? 甲子園優勝監督が違いを語る「九州の野球」と「関東の野球」 【ニュース - 高校野球関連】
第7回 金足農の県勢103年ぶりの決勝進出で改めてその存在がスポットを浴びた秋田県【公立校特集】
第4回 山陰をリードしてきた伝統校である鳥取西と米子東が高校野球史を語る上で欠かせない理由【公立校特集】
第996回 日大藤沢、慶応義塾など春、夏に躍進が期待できるチームたち【後編】【大会展望・総括コラム】
第992回 スラッガー揃いの東海大相模、総合力の桐光学園、ポテンシャルの横浜など神奈川ベスト8の戦力を紹介!【大会展望・総括コラム】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
慶應義塾大vs城西国際大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
慶應義塾大vs関西大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
慶應義塾大vs東海大学札幌キャンパス【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
第1057回 高校時代は藤平・石川に隠れる存在だった北山比呂(日本体育大学)はいかにしてプロ注目右腕になったのか? 【2019年インタビュー】
桐光学園vs横浜【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
相洋vs横浜商大高【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第996回 「もう一度甲子園に」偉大な先輩の背中を見て学んできた韮澤雄也(花咲徳栄)【前編】 【2019年インタビュー】
第917回 村田賢一(春日部共栄) 大活躍の源は『鋭い観察力』と『強敵と戦うワクワク感』【後編】 【2019年インタビュー】
第882回 目指すは「取手の山岡泰輔」 リベンジ実現し、5年ぶりの甲子園へ 中山航(藤代)【後編】 【2019年インタビュー】
慶應義塾 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
秋季神奈川県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る