2013年09月21日 神奈川県立保土ヶ谷公園硬式野球場(保土ヶ谷・神奈川新聞スタジアム)

桐光学園vs横浜創学館

2013年秋の大会 神奈川県秋季大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

中盤の集中打とエースの力投で桐光学園がベスト4進出

 

3安打3打点の活躍を見せた恩地(桐光学園)

 秋晴れの保土ヶ谷・神奈川新聞スタジアム、準々決勝の1試合目は桐光学園横浜創学館の一戦。

 初回、桐光学園は先頭の武 拓人(2年)がライト線への二塁打で出塁。その後、二死一、三塁とチャンスが広がり、5番恩地 偉仁(1年)が三塁手強襲の内野安打を放ち、桐光学園が幸先良く1点を先制する。

 初回から追う展開になった横浜創学館、すぐさま反撃に出る。1回裏、2つの四死球から、二死二、三塁のチャンスを作る。ここで5番北村 航太(2年)がライトへ2点タイムリーを放ち、横浜創学館が逆転に成功する。

 2回表、逆転された桐光学園は一死一、三塁のチャンスを作り、初回に二塁打を放っている武が打席へ。再逆転へ期待が高まったが、6-4-3の併殺打に倒れてしまう。その裏、追加点が欲しい横浜創学館は、二死二塁とチャンスを作るものの無得点に終わる。

 3回は両校ともランナーを出すも無得点。序盤3回を終わって三者凡退は無く、点の取り合いを予感させた。

 その予感は直ぐに的中することになる。4回表、桐光学園は一死から9番竹中 俊貴(2年)がレフトへの二塁打で出塁。またもチャンスの場面で1番武。このリベンジの場面、武の打球はセンターへ。これがタイムリーとなり同点に追い付く。

 その後、ヒットと死球で二死満塁のチャンスを作り、打席には先制打を放ち、ここまで2安打の5番恩地。嫌でも期待が高まる場面、レフトへの2点タイムリーを放ち、勝ち越しに成功。見事にベンチ、スタンドの期待に応えた。

【次のページ】 桐光学園vs横浜創学館(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
圧倒的強さを見せた東海大相模が4年ぶりV!公立校の躍進も目立った神奈川県の夏を振り返る 【ニュース - コラム】
第937回 【神奈川大会総括】東海大相模圧巻の強さも魅せ4年ぶりV!公立校の躍進が目立つ!【大会展望・総括コラム】
東海大相模と日大藤沢が決勝へ!準決勝2試合を徹底レポート【神奈川大会】 【ニュース - 高校野球関連】
日大藤沢vs桐光学園【神奈川県 2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会】
桐光学園vs向上【神奈川県 2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会】
横浜創学館vs大和【神奈川県 2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会】
第1001回 強靭な握力から生まれた伝家の宝刀・ツーシーム 攻めのピッチングで聖地へ 飯島一徹【後編】 【2019年インタビュー】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第206回 佐々木・奥川らドラフト上位候補だけではなく、ブレイクに期待がかかる逸材投手リスト90名!【ドラフト特集コラム】
第207回 ラストサマーで飛躍を誓う逸材野手たち 夏に急浮上する野手を見逃すな!【ドラフト特集コラム】
第980回 「大人の打者」の意味を理解できるかが打撃開眼のカギ! 森口修矢(神村学園)【後編】 【2019年インタビュー】
第918回 横浜、東海大相模を阻む学校は現れるか?ノーシードの実力校も分析!【後編】【大会展望・総括コラム】
専大松戸vs桐光学園【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
桐光学園vs藤代【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
第393回 東北楽天ゴールデンイーグルス 松井 裕樹投手「追究を続ける『ストレート』」 【2016年インタビュー】
第342回 東北楽天ゴールデンイーグルス 松井 裕樹投手【後編】「順応性とプロフェッショナリズムと」 【2015年インタビュー】
第341回 東北楽天ゴールデンイーグルス 松井 裕樹投手【前編】「順応性とプロフェッショナリズムと」 【2015年インタビュー】
桐光学園 【高校別データ】
横浜創学館 【高校別データ】
秋季神奈川県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る