2013年07月13日 横須賀スタジアム

荏田vs金沢総合

2013年夏の大会 第95回選手権神奈川大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

1点を争う白熱の投手戦!荏田・中村が完封勝利!

 荏田金沢総合の一戦は、1点を争う投手戦となった。

 荏田の先発は中村祐大(3年)。キレのある直球と変化球をテンポよく投げ込み、金沢総合に得点を与えない。対する金沢総合の先発は舘篤史(3年)。184センチの長身から、直球と変化球を投げ下ろしてくる。舘の前に荏田はチャンスをなかなか作ることが出来ない。

 5回表、荏田は二死二塁のチャンスを作り、中村が打席へ。自らのバットで先制点を奪いたい場面、中村の打球はライト前へのヒットになる。二塁走者は迷わず本塁へ突入。しかし金沢総合の右翼手・竹政大樹(3年)が本塁へ好返球。固い守りで得点を与えない。

 対する金沢総合は6回裏、2本のヒットで一死一、二塁のチャンスを作る。ここで打席には舘。今度は、舘が自らのバットで先取点を奪えるかという場面。だが気合を入れ直した荏田・中村は、2者連続三振を奪い、ピンチを脱する。

 次の1点が大きな意味を持つ、中村と舘の投手戦。その1点を奪ったのは荏田だった。

 7回表、先頭の佐藤耀介(2年)がライトオーバーの二塁打で出塁。ここで疲れも出てきたのか、金沢総合・舘は四球と死球で無死満塁のピンチを背負ってしまう。ここで6番橋本龍(2年)がレフトへ犠牲フライを放ち、荏田が貴重な1点を奪う。1点は失ったものの、金沢総合・舘は続く打者を打ち取り、打線の反撃を待つ。

 なんとか舘を援護したい金沢総合打線だが、7回8回と荏田・中村の前にランナーを出すことが出来ない。

 そして迎えた最終回、金沢総合の攻撃。先頭の竹政がライト前ヒットで出塁。最終回、無死一塁、ここで金沢総合ベンチが選択したのは、なんと盗塁。これが見事に決まり、無死二塁のチャンスが到来する。

 ここでバッターボックスには、中村と投手戦を繰り広げてきた舘。チャンスの場面、再び投手と打者として対戦の場面がやってきた。注目の対決は、三振で舘を切って取った中村に軍配が上がった。

 中村は後続も抑えゲームセット。荏田が虎の子の1点を守り切り、初戦を突破した。中村は6安打完封勝利。6回から7回にかけて4者連続三振を奪うなど、最後まで球の威力が衰えなかった。敗れた金沢総合だが、舘は4安打完投と、得点を与えた7回以外は3塁を踏ませない素晴らしい投球だった。

 エースの意地と意地がぶつかり合う素晴らしい投手戦に、スタンドからは惜しみない拍手と歓声が送られた。

(文:編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
金沢総合vs横浜翠陵【神奈川県 2019年秋季神奈川県大会 地区予選】
【神奈川】横浜が5回コールド発進!地区予選2試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
瀬谷vs金沢総合【神奈川県 2018年春の大会 神奈川県春季大会地区予選】
今年関東開催の神奈川!関東大会を目指した今大会は例年以上の激戦区!【神奈川展望】 【ニュース - コラム】
第585回 【神奈川展望】今年関東開催の神奈川!関東大会を目指した今大会は例年以上の激戦!【大会展望・総括コラム】
横浜商大高vs金沢総合【神奈川県 2017年秋の大会 神奈川県大会 地区予選】
桐蔭学園vs金沢総合【神奈川県 2017年春の大会 神奈川県春季大会】
横浜商vs荏田【神奈川県 2017年春の大会 神奈川県春季大会地区予選】
第4回 県立荏田高等学校(神奈川)【冬が僕らを強くする】
荏田 【高校別データ】
金沢総合 【高校別データ】
第95回神奈川大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

金沢総合ふぁいと1年生 2013.06.20
金総がんばってほしいです!!
自分の学校ってのもあるけど、
応援してます

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る