2012年05月12日 鹿児島県立鴨池野球場

横浜vs鹿児島情報

2012年第42回南日本招待高校野球 第1日
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

鹿児島発 球道夢限 政純一郎

 

ニ木(鹿児島情報)

「調子が悪くても」鹿情報・二木

 鹿児島情報の2年生、184㌢の長身エース・二木康太にとっては、全国レベルの力をまざまざと見せつけられたほろ苦い試合になった。
「テレビでしか見たことがない」横浜を相手に大勢の観客の目の前で自分の投球がどこまで通用するのかを試す千載一遇の好機だった。

「緊張する」ことは分かっていた。ブルペンでの調子はいつも通りだったが、先頭打者の宍倉 和磨に2球目をセンターオーバーに持っていかれて、調子が狂った。県大会では制球の良さが印象深い好投手だったのが、この日は五回までに5四死球。
中でも変化球でほとんどストライクが取れず、苦し紛れにストライクを取りにいったボールを、試合巧者横浜が逃すはずもなく、ことごとく弾き返された。

「フォームがバラバラで、全然自分の投球ができなかった。横浜の打者は甘い球は逃さないし、粘り強かった」と振り返る。

五回まで127球投げて降板。11安打10失点と散々な出来だったが、収穫もあった。本来の調子からは程遠いボールしか投げられなかったが、二回には3者連続三振を取るなど、非凡なところもみせた。
「低めに丁寧に投げていれば、横浜の打者でも打ち取れる。どんなに調子が悪くても低めに投げられるような力をつけたい」と夏に向けて見えてきた課題を話していた。

(文=政 純一郎)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
2016年の高校BIG4 楽天の4年目・藤平尚真(横浜出身)は不振を脱し輝きを取り戻すか 【ニュース - 高校野球関連】
西武はドラ1「以外」の高卒先発投手は苦しい? 最後の規定到達は1994年の工藤公康 【ニュース - 高校野球関連】
第1010回 「勝たなきゃ」より素直な「勝ちたい」気持ちを引き出す 鹿児島城西【後編】【野球部訪問】
第996回 日大藤沢、慶応義塾など春、夏に躍進が期待できるチームたち【後編】【大会展望・総括コラム】
第992回 スラッガー揃いの東海大相模、総合力の桐光学園、ポテンシャルの横浜など神奈川ベスト8の戦力を紹介!【大会展望・総括コラム】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第3回 名門、公立勢の巻き返しに注目!2020年の鹿児島県高校野球をズバリ占う【鹿児島の高校野球】
鹿児島情報vs尚志館【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
川内vs鹿児島情報【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
第1057回 高校時代は藤平・石川に隠れる存在だった北山比呂(日本体育大学)はいかにしてプロ注目右腕になったのか? 【2019年インタビュー】
神村学園vs鹿児島情報【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
鹿児島情報vs鹿児島【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
桐光学園vs横浜【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第996回 「もう一度甲子園に」偉大な先輩の背中を見て学んできた韮澤雄也(花咲徳栄)【前編】 【2019年インタビュー】
第985回 ウィークポイントのある選手からチームの中心選手に成長!福重 圭誇(尚志館)【前編】 【2019年インタビュー】
第917回 村田賢一(春日部共栄) 大活躍の源は『鋭い観察力』と『強敵と戦うワクワク感』【後編】 【2019年インタビュー】
鹿児島情報 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
第42回南日本招待高校野球 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

鹿児島県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る