2012年04月07日 鹿児島県立鴨池野球場

鹿児島城西vs薩摩中央

2012年春の大会 第130回九州地区高校野球鹿児島大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

鹿児島発 球道夢限 政純一郎

 

砂埃舞い上がるグランド

「勝負強さが出た」鹿城西「うちの試合じゃない」薩摩中央

 今大会苦しみながらも勝ち上がってきた第1シード鹿児島城西。ノーシードながら昨夏の快進撃を再現するかのような勝ち上がりで4強入りした薩摩中央。好対照な両チームの一戦は、この日球場に吹き荒れた「春の嵐」のように、二転三転目まぐるしく流れが変わる消耗戦だった。

 絶好のお花見日和の晴天が広がったが、風が選手と観客を悩ませた。バックスクリーンの風速計は常時10-20㍍を表示。特に一塁側から三塁側の応援席めがけて何度も砂煙が舞い上がり、そのたびに試合が中断する。身をかがめて砂煙に耐えている薩摩中央の応援席の姿が痛々しかった。五回のグラウンド整備で時間を取って水巻したのは高野連のささやかなファインプレーだった。この風は、投手や野手にとって相手以上に「難敵」だったことだろう。投手にとっては、リズムが悪いし肩も冷える。野手も、特に外野陣は風向きや風力が目まぐるしく変わるから、思った以上に伸びたり、逆に失速したり、いつも以上に打球に対する判断力が問われる一戦だった。

 鹿児島城西は投手陣の不調を打撃でカバーした。3番・中島 玲弥が5打数3安打3打点、4番・新屋 拓真が4打数2安打3打点、5番・恵大樹が4打数2安打2打点と中軸トリオが期待通りの働きをみせた。「打つ」だけではない。1回裏は、1番・田畑勇武が三塁打を放ち、2番・宅万公平のセーフティースクイズが反撃の口火になった。三塁手が前進して捕球したのに合わせてリードを取り、送球と同時にスタートを切ってホームインした田畑の好走塁が光った。「あれが決まると最高ですね」と田畑。吉田健監督は「中軸が打つだけでなく、1、2番の機動力を絡めた攻撃ができた。きょうも厳しい試合だったけど、子供たちの勝負強さが出た」と評価する。

【次のページ】 鹿児島城西vs薩摩中央(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1114回 「甲子園に行く」という強い信念が成功をもたらした 八方悠介(鹿児島城西)【後編】 【2020年インタビュー】
屈辱的な完封負けから八方悠介(鹿児島城西)はどのように初の甲子園を掴んだのか 【ニュース - インタビュー】
鹿児島城西エース・八方悠介はどうして佐賀を飛び出し、鹿児島へ行ったのか? 【ニュース - インタビュー】
第1107回 プロ入りを目指し佐賀から鹿児島へ 鹿児島NO.1右腕・ 八方悠介(鹿児島城西)が味わった悔しさ【前編】 【2020年インタビュー】
第1010回 「勝たなきゃ」より素直な「勝ちたい」気持ちを引き出す 鹿児島城西【後編】【野球部訪問】
第1009回 「まだまだ」のチームが射止めた甲子園出場 鹿児島城西(鹿児島)【前編】【野球部訪問】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
第3回 名門、公立勢の巻き返しに注目!2020年の鹿児島県高校野球をズバリ占う【鹿児島の高校野球】
第2回 大きく『変』わった1年だった 2019年の鹿児島県高校野球を漢字1文字で総括!【鹿児島の高校野球】
鹿児島実vs鹿児島城西【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
鹿児島城西vs枕崎【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
鹿児島城西vs加治木工【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
鹿児島城西vs神村学園【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
大分商vs鹿児島城西【2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会】
鹿児島城西 【高校別データ】
薩摩中央 【高校別データ】
春季鹿児島県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

鹿児島県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る