終盤、力尽きる・伊集院

<春季九州高校野球鹿児島県大会:鹿児島城西9-1伊集院>◇30日◇3回戦◇平和リース

 鹿児島城西伊集院。同じ日置市にある南薩地区同士の対戦は、鹿児島城西・芦谷原 睦、伊集院・田中 勘太、エース番号ではない両3年生右腕が好投し、6回まで両者無得点とがっぷり四つに組んだ展開となった。

 均衡が破れたのは7回表だった。

 田中勘の前に6回まで散発4安打と自慢の強力打線を封じられていた鹿児島城西だった、2死二塁で1番・山室 天魁(3年)がチーム初長打となる右越え三塁打を放って先制すると、2番・黒川 虎大郎主将(3年)が左前適時打、3番・瀬脇 尚旺(2年)が右越え二塁打で続き、3点を先取した。

 粘る伊集院はその裏、1死から5番・柳田 修也(2年)が中越え三塁打を放ち、6番・松下 知裕(2年)の左前適時打で1点を返した。

 このまま接戦で終わるかと思われた9回表に鹿児島城西打線が爆発する。先頭の9番・田畑 諒太郎(3年)、1番・山室が連続二塁打で4点目を挙げると、力投の田中勘をようやく攻略。6番・俣木 将伸(3年)、8番・内司 将成(3年)、いずれも途中出場の選手が2点適時二塁打で続き、打者10人で6点を奪って突き放した。

 8回途中からリリーフした明瀬 諒介(3年)が9回裏を三者凡退で切り抜け、終わってみれば鹿児島城西が快勝で8強入りを決めた。

(取材=政 純一郎