投手戦を制す・薩南工


<第151回九州地区高校野球大会鹿児島県予選:出水中央7-6鹿児島工>◇21日◇1回戦◇平和リース

 前半は完全な鹿児島工ペースで試合が進んだ。

 3回裏、相手のエラーと3番・吉田迅舞(1年)の右翼線二塁打で3点を先取。4回には8番・石王心路(1年)の中越え二塁打で4点目を挙げた。

 出水中央は中盤6回に反撃。二死から3連打を浴びせ、4番・齋藤凌(2年)、5番・田中遼斗(2年)の連続タイムリーで2点を返した。

 8回裏に鹿児島工が二死から連打と相手のエラーで1点を追加し、勝負あったかに思われたが、土壇場9回にドラマがあった。

 9回表、出水中央は下位打線が粘って二死満塁とし、1番・山崎壮祐(2年)の中前2点適時打、2番・植村輝(2年)の右前2点適時打で4点を挙げ、初めてリードを奪う。

 追い詰められた鹿児島工だったがその裏、先頭の代打・平峯亜聖(1年)が右前打で出塁。代走・福留凌(1年)が捕逸、三盗を決めて三塁まで進み、代打・柴田走大(2年)の犠飛で同点に追いついた。

 延長10回、出水中央は二死三塁として途中出場の7番・菊野凌斗(2年)が右前適時打で勝ち越すと、その裏を4番手で登板した德田怜雅(2年)が3者凡退で打ち取り、今大会初の延長戦を制した。

(取材=政 純一郎