東海大が完封勝利で優勝まであと1勝。市立和歌山出身の2年生左腕が圧巻の3安打完封



岩本真之介(東海大)

<首都大学春季リーグ:東海大1-0武蔵大>◇15日◇1回戦◇等々力

 今年の首都大学春季リーグの優勝争いは、東海大と武蔵大に絞られた。どちらも勝ち点奪取が優勝条件。武蔵大は勝ち点5の完全優勝を狙い、東海大は勝ち点4で並び勝率で武蔵大を上回っての優勝を狙っている。

 天王山の1回戦は14日予定だったが、雨天を考慮し、15日に順延となっていた。

 1回戦は東海大が1対0で勝利を収め、先勝を収めた。両チームとも投手が好投し、優勝争いに相応しいゲームだった。

 東海大の先発は岩本 真之介投手(2年=市立和歌山)。1年秋(2018年近畿大会)、2年春(2019年センバツ)では主力投手としてベスト8進出に大きく貢献した。3年生夏の独自大会では智辯和歌山に敗れる結果となったが、近畿地区を代表する好左腕として活躍した。

 当時と比べて、体格が変わった。センバツの快投はもちろんだが、1年秋の近畿大会では、高校1年生らしい初々しい表情と体重が60キロ前後とほっそりとした体型だったが、いざマウンドに上がると度胸満点の投球で、相手をねじ伏せる姿が強く印象に残っている。大学2年で顔つきも精悍になり、体重も80キロを超えて明らかに線が太くなっていた。

 当時は技巧派という印象が強かったが、武蔵大戦での投球は、本格派左腕へ化ける成長過程だと実感した。体全体を使った躍動感あふれる投球フォームから投げ込む直球は常時130キロ前半〜140キロ前半だった。ただ、首都1部の他大学の左腕が投げる130キロ中盤〜後半の直球と比較しても勢いが違う。いわゆる回転数と回転効率が良い直球なのだろう。岩本自身も「この日のストレートの強さはかなり自信がありました」と手応え十分の直球で武蔵大打線に立ち向かった。

 いきなり先頭打者に四球を与える嫌な流れだったが、上位打線を抑えて、「切り替えることができました」と2回以降は安定感十分の投球。

 犠牲フライによる1点の援護をもらった岩本は重荷になりそうだが、「逆に楽になりました」と笑みを浮かべた。

 「終盤もほぼ完璧で、気温もちょうどよかったので、疲れも全くなく投げることができました」と振り返るように、3安打、10奪三振完封勝利で、優勝へ1歩近づいた。

 昨年、自信を持って臨んだ大学1年生シーズンだが、ストライクが入らず、打たれる悪循環が続き、今のままではいけないと心を入れ替えた。シーズン終了した昨年のオフシーズンから、「正直いうと練習は嫌いです(笑)。でもこのままでは駄目になるだけ」としっかりとレベルアップのために、目的意識を持って練習に打ち込んだ。この日の武蔵大戦までウエートトレーニングを多めにするなど、自ら考えて調子を高めた。

 優勝まであと1勝。1週間後の天王山へ向けて、さらに状態を高めていく。