エース朝吹、投打でけん引・神村学園



神村・朝吹拓海

<第150回九州地区高校野球鹿児島県予選:神村学園7-0鹿児島玉龍>◇3日◇準決勝◇平和リース

 鹿児島玉龍は初回、1死一、三塁と絶好の先制機を作ったが、併殺で生かせなかった。

 神村学園も3回まで毎回走者を出し、押し気味に試合を進めたが、鹿児島玉龍のエース山下薫輝主将(3年)の粘りの投球を攻略できず、無得点だった。

 試合が動いたのは4回裏。神村学園は1死から6番・今岡歩夢(2年)、7番・福寿大智主将(3年)が連打でつなぎ、一、三塁とすると、8番・朝吹拓海(3年)が左前に先制適時打を放った。送りバントで二、三塁とチャンスは続き、1番・田中拓真(3年)の左前2点適時打で計3点を先取した。

 打線が勢いづいた神村学園は3番・福田将大(3年)、4番・花倉凪海(3年)、8番・朝吹の二塁打などで一挙4点を追加し主導権を握った。

 3打点の活躍だったエース朝吹はマウンドでも躍動。6、7回は先頭打者を出すなどピンチもあったが、最後まで投げ抜き、完封した。

 神村学園がチームの掲げる「結束力」「3年生が2年生を引っ張る」(小田大介監督)野球で難敵・鹿児島玉龍を退けた。選手個々がそれぞれの役割を果たした中でも、エース朝吹は投打、両面でチームをけん引した。

 相手のエース山下攻略のカギは「低めの球をしっかり見極め、我慢して、自分のストライクゾーンをずらされずに打つこと」(小田監督)。3回までチャンスは作りながらも、得点機の場面で自分の打撃ができていなかった。

 4回1死一、三塁で8番・朝吹が打席に立つ。2回の好機では外の変化球を見極め切れず、3球三振だったので「外の変化球だけに的を絞っていた」。チームリーダー福寿が打ってつないだことに燃えるものもあった。ファウルで粘り、外角の変化球に体勢を崩されながらも、左手一本で左前に運び、汚名返上の先制適時打を放った。5回はチームが勢いづく中、ダメ押しの2点適時二塁打を放ち、3打点の活躍だった。

 昨秋は背番号11で公式戦の登板機会は少なかったが「春は自分が1番をつける」意気込みで練習に励んだ。「練習でも下級生を引っ張る姿勢を見せ続けていた」ことを買って小田監督は1番に抜擢した。

 前半5回までは、ほぼ完ぺきな出来だったが、6回以降はフォームが崩れ、ボールが先行し、先頭打者を出した。それでも小田監督は「お前に任せた!」と継投を封じ、朝吹に試合を託した。その期待に応え、最後は136キロ直球で空振り三振に仕留め、7回を1人で投げ抜いた。朝吹にとっては、投打でチームをけん引し「自信になった」一戦となった。

(記事=政 純一郎

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。