守備のミスを打撃でカバー



樟南・永吉

<第150回九州地区高校野球鹿児島県予選:樟南4-2鹿児島商>◇31日◇準々決勝◇平和リース

 樟南鹿児島商。鹿児島を代表する古豪同士の一戦は、樟南・永吉浩志(3年)、鹿児島商三浦 颯真主将(3年)、好右腕同士の力投と、両チームの好守で1点を争う緊迫した展開になった。

 先制したのは鹿児島商。下位打線が粘ってチャンスを作り、9番・木塲天摩(2年)が右方向への二塁打を放ち先手を取った。

 樟南は4回表、3番・町北 周真(3年)から3連打を浴びせ、5番・西窪 大翔(3年)の右前適時打で同点に追いつき、7番・下山敬斗(2年)の中前適時打で勝ち越した。

 7回裏、鹿児島商は2死一、三塁のチャンスに暴投で同点に追いつく。

 樟南は7回裏、守備のほころびで同点に追いつかれたが、直後の8回表に攻撃陣が奮起し、勝利をつかんだ。

 暴投で同点。堅守を誇る樟南としては、らしくないミスで相手を勢いづけたが、捕手の森 亮斗主将(3年)が好判断の二塁送球で塁を空けていた二走を刺して、勢いを断った。

 直後の8回表。尻上がりに球威が上がった鹿児島商のエース三浦の前に、5回から3イニング連続三者凡退と押され気味だった打線が息を吹き返す。

 1死から2番・森川恭史(3年)が中前に弾き返し、3番・町北が死球でつなぐ。意表を突く重盗で好機を広げた。5番・西窪は「みんながつないでくれた気持ち」を意気に感じる。4番・三田大智(3年)は球威に振り負け左飛だったが「速い球は好き。相手の得意な球を打てば流れを引き寄せられる」と読んだ。

 2ボールからの3球目。この日最速となる140キロの内角直球に振り負けず左前に弾き返し、値千金の勝ち越し2点適時打を放った。この2点を永吉を中心に守り切って4強入りを決めた。

 初戦の鹿屋中央戦、3回戦の頴娃戦、いずれもリードしながら終盤追い上げられ「集中が切れてしまう」(山之口和也監督)課題がこの日も出た。昨夏甲子園に出たチームと比べると守備の安定感はもう一つ。その分、打撃には自信を持っており「塁にさえ出れば」(山之口監督)得点パターンはいくつか持っている。昨夏の甲子園メンバーで、この日は3打点と気を吐いた西窪は「守備でミスが出ても、きょうのように打撃でしっかりカバーしていきたい」と準決勝以降の戦いを見据えていた。

(記事=政 純一郎

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。