「三度目の正直」ならず・鹿屋中央

 <第150回九州地区高校野球鹿児島県予選:樟南5-3鹿屋中央>◇25日◇2回戦◇平和リース

 2回戦屈指の好カード。樟南鹿屋中央は昨夏、昨秋と連続で対戦しており、いずれも樟南が接戦をものにしている。3大会連続となる両者の対決となった。

 先制したのは樟南。2回に7番・森 亮斗主将(3年)が左翼に先制のソロホームランを放つ。

 3回は4番・三田 大智(3年)の右越え三塁打、5番・西窪 大翔(3年)の中前適時打と連続適時打で2点を加えた。

 7回表は3四死球で満塁とし、7番・森の右前、8番・永吉 浩志(3年)の左前への連続適時打で2点をダメ押した。

 6回まで安打は出ながらも得点につながらなかった鹿屋中央だったが7回裏、1番・園田 昂希主将(3年)の右前適時打でようやく1点を返した。

 8回は6番・川井田 利気(3年)の中前適時打で1点を追加し、9回裏は3番・村山 源(2年)の犠牲フライで2点差まで追い上げたが、反撃もここまで。鹿屋中央は「三度目の正直」とならなかった。

(記事=政 純一郎