7回、一挙7点でコールド勝ち・鹿児島城西


 立ち上がりから、両者が打ち合い、点の取り合いとなった。

 初回、樟南は1番・茶園 将太、2番・平田 舜が連続三塁打で先制し、3番・下山 敬斗の犠牲フライで計2点を先取した。

 その裏、鹿児島城西は二死満塁から押し出しで1点を返す。

 4回裏、鹿児島城西は四死球、内野安打で一死満塁とし、3番・森 海晴のライト前2点タイムリーで勝ち越すと、4番・明瀬 諒介のレフト前タイムリー、6番・俣木 将伸がレフトオーバーの2点タイムリー二塁打で続き、打者一巡で計5点のビッグイニングを作った。

 樟南は5回表、連打で二、三塁とし、2番・平田の犠牲フライ、4番・小峰 康矢のライト前タイムリーで2点を返した。

 6回表は二死から下位打線が粘って一、三塁のチャンスを作り、1番・茶園のレフト前タイムリーで1点を返し、1点差に詰め寄った。

 7回裏、鹿児島城西は1点を追加して、なお二死満塁から2番・黒川 虎太郎が走者一掃のライトオーバー三塁打を放ち、返球が乱れる間に黒川も生還して一気に点差を広げる。更に4番・明瀬が今大会3本目となる2ランをレフトスタンドに叩き込み、7点差をつけて試合終了。鹿児島城西が初戦から3試合連続コールド勝ちと圧倒的な強さをみせて、決勝に勝ち上がった。

(取材=政 純一郎