5番・松永が6打点の活躍・神村学園


 先制したのは鹿屋中央。2回表、先頭の6番・黒木真翔がレフトオーバー二塁打を放ち、7番・郡山一心がレフト前ヒットで続いて一、三塁とチャンスを広げ、8番・山元斗稀のセカンドゴロで1点を先取した。なおも一死一、二塁と畳み掛けるチャンスだったが追加点は奪えなかった。

 神村学園は3回裏、一死から連続四球で一、二塁とし、2番・松尾 龍樹のライト前タイムリーで同点に追いついた。更に満塁とチャンスが続き、4番・今岡歩夢のレフト前タイムリー、5番・松永優斗の走者一掃センターオーバー二塁打で計5点のビッグイニングを作って試合をひっくり返した。

 直後の4回表、鹿屋中央は相手のエラーと内野ゴロで2点を返し、2点差に詰め寄る。

 5回以降は両者追加点が奪えなかったが7回裏、神村学園は3連打で満塁として2つの四球押し出しで2点を追加した。

 8回は一死満塁から5番・松永がこの試合2本目となるタイムリー二塁打で2点をダメ押し。松永はこの試合、3安打2四球で全打席出塁し、6打点を挙げる大活躍だった。

 先発した背番号9の右腕・松元 涼馬は5回以降も毎回安打を浴びてピンチを背負うも、追加点を許さず、完投勝利で神村学園が決勝に勝ち進んだ。

(文=政 純一郎