そつなく加点し大量得点・樟南


 立ち上がり、樟南は一死満塁から5番・前田晟那のレフト前2点タイムリーで先制。さらに満塁とチャンスを継続し、相手のエラーと8番・木下侑冴のライト前タイムリーで畳みかけ、計5点を先取した。

 3回には2番・上牧瀬銀士、3番・下山敬斗の連続二塁打などで4点をダメ押し、序盤で10得点と大きくリードした。3回裏、連合②はエラーと連打で満塁とし、捕逸、エラー、7番・時田晃良のセンター前タイムリーなど、打者一巡で4点を返し、試合の流れを引き戻したかに思われた。

 しかし樟南は4回、下位打線から単打5本を集中し3点、5回にも1点を追加。再び10点差とし、5回コールド勝ちした。

(取材=政 純一郎