長打で効果的に加点・国分中央


 国分中央は1回裏、4番・花岡陽斗のレフトオーバー二塁打で先制点を挙げた。

 3回は連続四死球、野選で満塁とし、4番・花岡、5番・勝本琳惺の連続タイムリー、押出しで3点を追加した。5回には二死一塁から7番・宇治野蒼祥のライトオーバー三塁打、8番・濱田陸生のライト前タイムリーと連打で2点を追加。6回には3番・谷口兼信のレフトオーバー二塁打などで更に2点をダメ押した。

 先発の濱田は6回まで徳之島・沖永良部打線を被安打1の好投。7回は原口輝星がリリーフし、相手に二塁を踏ませず、危なげなく完封した。

(取材=政 純一郎