中盤、打線がつながる・鹿屋中央


 立ち上がり、鹿児島商は相手の守備の乱れにも乗じて無死一三塁とし、3番・大山蓮斗の内野安打で先制した。

 鹿屋中央は4回に反撃。一死二三塁から9番・山本祥大のレフト前2点タイムリーで逆転に成功。3番・村山源にも、センターオーバーの2点タイムリー二塁打を放ち、計4点を挙げた。

 5回は暴投や連続押出し、3番・村山の犠牲フライなどで5点を追加。中盤畳みかけて一気に主導権を握った。

 2回以降はエース村山が立ち直り、鹿児島商打線に追加点を許さず。村山の投打に渡る活躍などで、鹿屋中央がコールド勝ちした。

(取材=政 純一郎