スピードゲームで快勝・鹿児島城西


 鹿児島城西は1回裏、3番・黒川虎太郎のライトオーバー三塁打で先制。更には3連続四球を選び、押出しやエラーなどが絡んで、打者一巡し、1安打で5点を先取した。

 3回も4四死球を選んで、押出しと3番・黒川のレフト前2点タイムリーで計3点を追加。4回裏は先頭の5番・池野航太、6番・俣木将伸の連打を皮切りに、打者一巡で単打のみ4安打を集中し、四球、暴投も絡んで5点をダメ押し、早々と趨勢を決めた。

 投げては先発の右腕エース池野航太が4回まで4校連合打線を1安打に抑えた。終わってみれば二塁も踏ませず、1時間22分のスピードゲームで鹿児島城西が快勝だった。

(取材=政 純一郎