この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

仲間信じ、気持ちで運んだサヨナラ2ラン・鹿児島城西



鹿城西・當間逆転サヨナラ2ラン

 前半と後半で主導権が入れ替わり、最後は劇的な幕切れが待っていた。

 前半は圧倒的に鹿児島城西のペース。初回に相手のエラーと、今大会絶好調のスーパー1年生、5番・明瀬諒介のレフト前タイムリーで2点を先取する。

 3回は5番・明瀬の犠牲フライ、7番・黒川虎太郎(1年)のライトオーバー二塁打で2点を追加した。5回も明瀬がセンターオーバーのタイムリー二塁打を放ち5点目を挙げた。

 劣勢が続いた国分中央だったが、5点目を失った後、2番手右腕・前田悠成(2年)にスイッチ。後続を断って失点を食い止めると、7回裏に集中打を浴びせる。

 8番に座った前田悠が自らのライト前タイムリーで口火を切ると、1番・猩々琳太(2年)のライト前タイムリー、2番・棈松蒼生(2年)のレフトオーバー二塁打で計4点を返し、1点差に詰め寄った。

 その裏、鹿児島城西はまたも5番・明瀬のセンターオーバー二塁打で点差を2点に広げる。明瀬はこの日も3安打4打点と気を吐いた。

 だが国分中央の勢いが止まらない。8回表は一死一三塁から7番・尾山航大(2年)が走者一掃のライトオーバー三塁打を放って同点。8番・前田悠がセンター前タイムリーを放ち、初めて勝ち越しに成功した。

 2番手・前田悠の好投で9回裏一死までこぎつけ、このまま国分中央が勝ち切るかと思われたが、一死一塁から6番・當間琉斗(2年)がライトスタンドに2ランを叩き込み、逆転サヨナラ勝ちで決勝進出を勝ち取った。

 「終盤、逆転されて少し焦ったけれど、みんなで絶対勝つと誓った。勝てて本当にうれしい」。値千金の2ランを放った當間は興奮冷めやらぬ様子で振り返った。

 前半の楽勝ペースが一転。後半は5点のリードをひっくり返されて1点ビハインドで終盤を迎えた。準々決勝・鹿児島玉龍戦は他の選手が大当たりしたのにスタメンで唯一無安打。「自分だけ打ててなかったので絶対打ちたい」との意気込みとは裏腹に、3回にヒットは出たが、7回裏の打席ではセカンドライナー、併殺とチャンスをつぶし、相手を勢いづかせてしまった。

 9回、この日、大当たりで得点源だった4番・藤田剛(2年)はショートフライ、5番・明瀬は四球。逆転するには6番の自分以下の打順で返すしかない。気負いやプレッシャーのかかる場面だったが「仲間が『お前なら絶対打てる!』『リラックス、リラックス』と言ってくれたので、来たボールを思い切り振ろう!」と自然体で打席に立てた。

 初球をファールして良い感覚がつかめた。1ボール、1ストライクからの3球目。内角低めの直球をすくい上げると、大きな放物線を描いてライトスタンドに消えた。「公式戦のホームランは初めて」だ。

 元々ホームランを狙うような打者ではないが、鹿児島城西で目一杯振る「満振り」や、何より素振りとサーキットトレーニングを交互に繰り返すなど日々の練習で身に着けた力を、土壇場の勝負所で発揮することができた。

(取材=政 純一郎

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています