町北主将が決勝タイムリー・樟南


 3回戦注目の好カードは終盤に大きなヤマ場があった。

 先手を取ったのは鹿屋中央。1回裏、3番・村山源(1年)の犠牲フライで先制。なお二死二三塁から6番・川井田利気(2年)がレフトオーバーの2点タイムリー二塁打を放ち、計3点を先取した。

 4回まで無得点だった樟南だったが5回表、二死二塁の場面で2番・畝地竣己(1年)のレフト前タイムリーで1点を返した。

 鹿屋中央は7回裏、4番・板敷風哉(1年)のライト前タイムリー、6番・川井田の犠牲フライで2点を追加し、点差を4点に広げた。

 劣勢に追い込まれた樟南は終盤に集中力を発揮する。
 8回、先頭の1番・西窪 大翔(2年)から3連打で1点を返し、連続死球で押し出し、6番・森川恭史(2年)の犠牲フライで3点を返し、1点差に詰め寄った。

 9回は2番・畝地が右中間を深々と破る三塁打で同点。3番・町北 周真主将(2年)の当たりはセンター前に落ちるタイムリーとなり、土壇場で勝ち越しに成功した。

 鹿屋中央は夏準々決勝の雪辱を目指したが、またも1点差に泣いた。

(文=政 純一郎