「みんなで野球をやる!」・樟南



れいめい・玉城

 樟南西田 恒河(3年)、れいめい・玉城琉之介(3年)、大会屈指の好左腕同士の力投で6回まで両者無得点。1点を争う緊迫した展開となった。

 中でも玉城の力投が光った。直球は最速130キロ程度だが、小さく動く分ジャストミートされにくい。勝負球を110キロ台の変化球にして、コンビネーションで打たせて取る投球がはまり、6回一死まで1人の走者も出さないパーフェクト投球だった。

 玉城を援護したいれいめい打線は3回裏、連打で一死二三塁と先制機を作るも、ショートゴロ、バックホームでタッチアウト。6回はレフト前ヒットで出塁した3番・赤﨑明靖(3年)が意表を突く三盗を決めるなど、押し気味に試合を進めたが、肝心のタイムリーが出なかった。

 均衡が破れたのは7回表。樟南は一死から3番・下池 翔夢主将(3年)がライト前ヒットで出塁。送りバントが二塁悪送球を誘って一三塁とすると、5番・西窪 大翔(2年)がライト前タイムリーを放った。

 その裏、れいめいは先頭の6番・中村春翔(3年)がレフト前ヒットで出塁。送りバントで二塁に進み、好投の8番・玉城のところで代打・酒見龍汰(3年)を送るも、フルカウントから西田の134キロの直球を空振り三振。9番・土屋兼紳(3年)もフルカウントからファールで粘ったが、外角低め138キロを見逃し三振で生かせなかった。

 西田の好投でピンチをしのいだ樟南は2番手・本川瑛光(2年)を攻略。4番・麥生田駿(3年)、6番・長澤明日翔(3年)の2点タイムリーで計4点を挙げ、一気に勝機を手繰り寄せた。

 れいめいはその裏、3番・赤﨑、5番・田原大翔(3年)のタイムリーで2点を返し、意地を見せたが反撃もここまでだった。