勝負所の差、歴然・大島



鹿実・1点目

 春準決勝の再戦。鹿児島実が伝統校の底力を発揮して大島の挑戦を退けた。
 3回裏、二死二塁で1番・平石匠(3年)が4球ファールで粘って高めのボール球をセンター前に運んで先制する。

 4回は先頭の4番・城下 拡主将(3年)がセンターオーバー二塁打。5番・赤嵜智哉(2年)がレフトオーバー三塁打を放ち、返球が乱れる間に赤嵜自身も生還し、2点を追加した。

 5回裏、四球で2人の走者を出し、6番・濵田禎勝(3年)が初球を見逃さずレフトスタンドへ3ラン。勝機を大きく手繰り寄せた。

 都立大島は5回表、先頭が四球で出塁するも併殺で生かせず。6回は二死から二三塁と得点圏に進めたが得点ならず。
7回は死球、代打・西田心太朗(2年)のレフト前ヒットで一二塁とするも最後は代打・中崎蒼介(3年)が併殺で打ち取られ、コールド負けだった。

 初の夏4強を目指して、春準決勝で敗れた鹿児島実に挑んだ都立大島だが、強豪私学の壁は想像以上に分厚かった。「鹿実に勝つために練習し、対策も立ててきたがコールド負け。悔しい」と安田 秀太郎主将(3年)は唇をかんだ。

 鹿児島実の先発は赤嵜。春準決勝で対戦し、4安打完封された左腕を今回も打ち崩せなかった。春と同じく、右打者の膝元に食い込む変化球を打ちあぐねた。少ないながらも何度か好機は作った。初回、5―7回と走者を出し、得点圏に進め、複数の走者を出した回もあった。だが肝心の「勝負所」(塗木哲哉監督)で身上の「打ってつなぐ」真骨頂を発揮できなかった。

 鹿実打線は春以上に力強さを増していた。エース大野 稼頭央(2年)は140キロ台の球威も回復し、今大会一番の出来だったが、3回からの集中打で崩された。「追い込まれてもファールで粘り、四球やヒットを打てる。見事だった」と塗木監督も脱帽する。勝負所をものにした鹿児島実、できなかった都立大島、その差は歴然としていた。

 「勇気を出して今までやってきたことをやった」と安田主将。5、7回は無死で走者を出して果敢に打っていったが併殺。「甲子園ベスト8」を目標に掲げ、鹿児島実クラスのチームに勝って県予選を突破するために身上としてきた戦法を貫いた。ただ最後の夏「結果を出す」(安田主将)力をつけるところまでは引き上げきれなかった。

 その高い志と実践の繰り返しが、過去の先輩たちに並ぶ春4強、夏8強の原動力になったことは間違いない。夏8強以上の「ステージの上がった舞台」(塗木監督)を突破するのは容易ではないが、挑み続ける以外、道を開く術はない。「(大野)稼頭央や武田、西田、このチームで経験を積んだ下級生たちがきっとやってくれると信じる」。過去の先輩たちと同じ想いを安田主将も後輩たちに託した。

(文・写真=政 純一郎

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。