好調・甲斐田が口火。終盤地力を発揮・神村学園



神村2点目・甲斐田ソロ

 今大会、3本塁打と好調な甲斐田 紘整(3年)がこの日も神村学園の得点の口火を切った。

 初回、ライトオーバー三塁打で出塁し、次打者2球目の暴投で生還。わずか5球で先制のホームを踏んだ。3回は2ボールからの3球目をレフトスタンドに運び、今大会4本目のホームランを放った。

 好調の要因は「練習で徹底してバットを振ってきているので体がキレている。体が軽い」と甲斐田。打つボールを決めて打席に入っており、球威のある尚志館・西門祐真(3年)に対して狙い球は直球だったが、1、2打席とも打ったのは「変化球だった」と言う。体が動く分、違うボールへの対応もそつなくこなせているところに今大会の好調ぶりがうかがえた。

 幸先良く先手を取った神村学園だが、畳みかけるところまではいかず、6回までは緊迫した展開に。

 尚志館は2回にエラーで先頭打者を出したが併殺で生かせず。3回も先頭打者が出て一死一三塁とチャンスを広げる。3番・上ノ堀聡士主将(3年)がフルカウントから空振り三振。一走・下戸永遠(3年)が二盗を仕掛け、二塁送球間に三走・西門が本塁を狙うも、二塁手・福田将大(2年)が途中でカットしてバックホーム。タッチアウト、併殺でチャンスが潰えた。逆に言えば「相手の奇策にもきっちり対応できた守備が見事だった」(神村学園・小田大介監督)ことになる。

 7回表、西門の球威にも振り負けなくなった神村学園打線が2番・寶永陸翔(3年)、4番・前薗 奎斗主将(3年)のタイムリーで待望の追加点を得る。

 8回には2つのスクイズを決め、3番・福田がレフト前2点タイムリーを放ち、硬軟織り交ぜたそつない攻めて一気に点差を広げた。

 先発の2年生左腕・内堀 遼汰は5回以外毎回走者を出すも要所を締めた。「交代の用意はいつでもできていた」(小田監督)が最後まで1人で投げ抜いた。目指すのは「10安打完投」と小田監督。たとえ打たれても、走者を出しても、失点をしのぐ粘り強い投球をやり切ることができた。春、NHK旗と不覚を取った神村学園だったが、目指す「夏3連覇」に向けて、攻守ともに調子を上げているのがうかがえた一戦だった。

(文・写真=政 純一郎

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。