長澤、流れ呼び込む3ラン・樟南



樟南・西田

 樟南は2回表、二死一三塁として2番・尾﨑 空(3年)のレフトオーバー二塁打で2点を先取した。

 その裏、川内は一死から6番・猪之鼻大聖(2年)がレフトスタンドにソロホームランを放った。

 4回表、樟南は無死一二塁から送りバント、一塁悪送球、2番・尾﨑の3打点目となる犠牲フライで2点を追加した。

 6回表は一死二三塁から4番・麥生田駿(3年)のセンター前タイムリー、5番・西窪 大翔(2年)の犠牲フライで得点を重ねる。7番・長澤明日翔(3年)が左中間スタンドに特大の3ランを放ち、打者一巡で計5点を挙げ、大きく主導権を引き寄せた。

 その裏、川内は二死一二塁から5番・山ノ内成哉(3年)が走者一掃のレフトオーバー二塁打を放って2点を返し、コールド阻止への意地を見せる。

 だが樟南は7回表、4番・麥生田のタイムリー内野安打で再び点差を7点に広げた。

 その裏の川内の攻撃を三者凡退で打ち取り、シード樟南がコールド勝ちを決めた。

(文・写真=政 純一郎

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。