ここ一番で集中力発揮!・鹿屋



鹿屋・黒木

 初回、出水工は二死からチャンスを作って、5番・松本虎太朗(3年)の2点タイムリー内野安打で先制した。

 2回に暴投で1点を返した鹿屋は5回表、一死一塁から2番・楠原憲治(2年)がライト線三塁打で同点。3番・黒木塁主将(3年)の犠牲フライで勝ち越した。

 その裏、出水工は初回と同じく二死からチャンスメーク。3番・深見泰誠(2年)、4番・垂門遼馬(2年)が連打で二三塁とし、5番・松本のタイムリー内野安打ですぐさま逆転に成功した。

 7回表、鹿屋は二死一二塁で4番・北方大翔(3年)が走者一掃のレフトオーバー二塁打を放って再度試合をひっくり返した。

 9回裏、出水工は一死一三塁と一打同点、逆転のチャンスを作ったが、鹿屋のエース黒木が連続三振で切り抜け、1点差を守った。

 昨秋、今春と初戦で涙をのみ続けた鹿屋が苦しみながらも競り勝ち、価値ある1勝を手にした。「この1年間、高校野球の厳しさ、難しさを嫌というほど味わってきた3年生がよく頑張ってくれた」と中馬輝監督は要所で勝利を呼び込んだ3年生の頑張りを称えた。

 1点差を追いかける7回の場面、目の前で3番・黒木が申告敬遠で歩かされて、4番・北方は「負けてたまるか!」と集中力にスイッチが入った。初回、先制点につながるエラーをしたのを打席でも引きずっていたが、柏木遼太部長に「これまで詰まらされていた直球を狙ってみろ!」と言われ、気持ちが吹っ切れた。

 どんなカウントで、どう打ったかもよく覚えていない。ただ、直球を気持ちよく振り抜いたらレフトの頭上を越える走者一掃の逆転タイムリー二塁打になった。「あのバッティングができるから、4番に置いている」中馬監督の信頼、期待に応える値千金の一打だった。

 県大会もさることながら「練習試合でもなかなか勝てなくて、夏は絶対まず1勝したかった」と北方。これまで味わえなかった「勝つ喜び」(中馬監督)を知り、ひたむきにバットを振ってきたことを自信に変えられそうだ。次はシード樟南戦。「チャレンジャーの気持ちで思い切りぶつかる」と気持ちを高めていた。

(文・写真=政 純一郎

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。