7回、踏ん張れず!・鹿児島高専



樟南の好左腕・西田恒河

 立ち上がり、シード樟南の好左腕・西田 恒河(3年)はテンポ良く三者凡退で打ち取り、前評判通りの力を見せた上々の立ち上がりだった。

 その裏、1番・町北 周真(2年)が1ボールから2球目をライトスタンドに運ぶ先頭打者ホームランであっさり先制。押出し、5番・尾﨑 空(3年)の犠牲フライで更に2点を加える。攻守ともに幸先良い立ち上がりで、樟南のワンサイドになるかと思われた。

 ところが鹿児島高専の右腕・脇田敦大(3年)が2回以降、立ち直る。身体を倒して真上から投げる独特のフォームから繰り出すボールは、制球が安定しない分、狙い球を絞らせない。走者は出してもヒットは打たせず、6回まで無失点を続けて試合を立て直した。

 打線は、2回に5番・脇田、7番・甲斐頌盛(3年)がヒットを放ったが、それ以外は西田のペースを崩す攻撃ができず、テンポ良く打ち取られていった。

 終盤勝負にもつれそうな気配が漂う中、7回裏に転機があった。
 鹿児島高専は脇田から2番手・畠中颯太にスイッチ。一死一塁からサードゴロ。併殺と思われたがセカンドとのタイミング合わずボールを後逸。一気に二三塁と樟南のチャンスとなった。

 5番・西窪 大翔(2年)の犠牲フライで待望の追加点を挙げると、打線につながりが生まれ、最後は好投を続けた8番・西田がライトオーバー二塁打で7点差となり、コールド勝ちを決めた。

(文・写真=政 純一郎

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。