昨秋の雪辱、晴らす!・鹿児島商

 鹿児島商鹿屋中央は昨秋1回戦で対戦し、この時は鹿屋中央が競り勝った。今春、鹿児島商は3回戦で鹿児島実に大敗を喫している。春まで8強入り手前で涙をのみ続けた鹿児島商としては、夏への自信をつけるために、ぜひとも秋の雪辱を果たして、夏への実績と自信にしたい一戦だった。

 先手を取ったのは鹿屋中央。2回裏二死二塁から1番・宮里誠也(3年)がライトオーバー三塁打を放って先制点を挙げた。

 5回裏、二死から中軸が3連打。4番・金澤諒(3年)のセンターオーバー二塁打、5番・小園幸生(3年)のセンター前タイムリーで2点を加点した。

 5回まで鹿児島商は、鹿屋中央の先発左腕・折尾 凛主将(3年)の前に散発3安打、三塁を踏めず、劣勢を強いられた。

 6回表、中軸が口火を切って盛り返す。二死三塁で3番・山本琉聖(3年)がタイムリー内野安打で1点を返すと、3連打を浴びせ、5番・齊藤優一朗(3年)のレフト前タイムリーで1点差に詰め寄った。

 7回表は一死二塁から3連打。1番・上野蘭丸(3年)のライト前タイムリーで同点に追いつき、2番・大磯一真(3年)のレフトオーバー二塁打で2点を勝ち越した。

 8回裏、鹿屋中央は相手のエラーで1点差とする。

 9回表、鹿児島商は簡単に二死となった後、好調の2番・大磯のセンター前ヒットを皮切りに4連打。4番・榎本朋弥(3年)のセンターオーバー三塁打、5番・齊藤のレフトオーバー二塁打で貴重な3点の追加点を挙げ、勝機を大きく手繰り寄せた。

 9回裏は3回からロングリリーフだった2番手のエース三浦颯真(2年)が6回以降は走者を出しながらも、要所を締め、鹿児島商が粘りの試合運びで昨秋の雪辱を晴らした。夏へ向けても大きな収穫になった一戦だった。

(文=政 純一郎