4番・榎本が2打点・鹿児島商

 鹿児島商は初回、二死二塁から4番・榎本朋弥(3年)のセンター前タイムリーで先制した。

 その裏、大島は連続死球でチャンスメーク。併殺でチャンスが潰えたかに思われたが、4番・田尾樹珠紀(3年)がレフトオーバー二塁打を放ち、同点に追いつく。

 両チーム4番のタイムリーで点を取り合ったが、2回以降は鹿児島商・伊地知塁斗(3年)、大島大野 稼頭央(2年)、両先発が立ち直り、互いに得点が奪えない展開が7回まで続く。

 6回表、鹿児島商は先頭の1番・上野蘭丸(3年)がライトオーバー三塁打。2番・大磯一真(3年)のライトフライが犠牲フライになったかと思われたが、大島が冷静にアピールアウトをとり併殺。3番・山本琉聖(3年)がライトオーバー三塁打を放ったが、4番・榎本はショートゴロに打ち取られ、2本の三塁打を得点に生かせなかった。

 7回裏、大島はエラー、ヒット、送りバントで一死二三塁と絶好の勝ち越しチャンスを作ったが、リリーフしたエース三浦颯真(2年)に後続を断たれ、得点ならず。

 直後の8回表、鹿児島商は一死からエラーで二塁に進み、ライトフライで三進。2番・大崎の内野安打で待望の勝ち越し点を挙げた。なおも二死一二塁とチャンスが続き、4番・榎本が6回の汚名返上のセンター前タイムリーを放ち、2点を勝ち越した。

 8、9回と大島も走者は出したが、三浦が粘り強く投げ、最後は併殺で試合終了。鹿児島商が接戦をものにした。

(文=政 純一郎