アグレッシブに目指した勝利・鹿児島実



鹿実7点目のホーム踏んだ城下

 鹿児島実鹿屋中央。春の鹿児島の頂上決戦は終盤まで1点を争う緊迫した両者の攻防が続いたが、最後に予想外の結末が待ち受けていた。

 先手を取ったのは鹿屋中央。2回裏、二死二塁からショートゴロ悪送球で先制点を挙げた。

 鹿児島実は4回表、無死満塁から併殺崩れで同点に追いつき、8番・駒壽太陽(2年)のセンター前2点タイムリーで勝ち越した。

 その裏、鹿屋中央は6番・今釜陸(2年)のレフト前タイムリーで1点を返し、5回に2番・馬庭龍也(3年)のレフト前タイムリーで同点に追いついた。

 7回表、鹿児島実は一死から3連打で満塁とするが、併殺で生かせず。

 その裏、鹿屋中央は2つの内野ゴロエラーで勝ち越し点を得た。

 中盤以降、鹿屋中央は先発の折尾 凛主将(3年)を中心に、堅守でピンチをしのぎ続けており、このまま1点差で逃げ切るかと思われたが、9回表に波乱があった。

 二死一三塁、2番・平石匠(3年)のサードゴロで試合終了と思いきや、悪送球となり同点。更に一二塁とチャンスが続き、3番・城下 拡主将(3年)の強烈なレフト前ヒットをレフトが後逸。城下までが一気に生還し、計4点を奪って逆転に成功した。

 その裏の鹿屋中央の攻撃は、7回から好リリーフをみせていた左腕・筏伸之助(2年)が三者凡退で打ち取り、劇的な勝利を手にした。

 「負けゲーム」(宮下正一監督)だったことは否めない。エラーがらみの2失点、送りバントが決まらず攻撃がつなげない…今大会再三見られた鹿児島実らしからぬプレーはこの試合でもあった。課題や修正点は山積みだが、「型にはまらず、アグレッシブに1番を目指す」姿勢がもたらした勝利だった。

 その姿勢を、宮下監督はこの春のセンバツを制した東海大相模(神奈川)に学んだという。どんな劣勢の展開になっても、目の色をギラギラさせながら貪欲に勝利を目指して野球をする姿に「コロナがあって、心がくじけそうな時期もあったけれども、一番大事なことを相模の野球に教えてもらって勇気づけられた」。

 決勝戦は本来目指す「守備からリズムを作る野球」(城下主将)とは程遠かった。そういう野球ができずにベンチの雰囲気も沈みかけた時間帯もあった。だが9回表、瀬戸際まで追い詰められたとき、どんなかたちでも頂点を取る貪欲さが芽生え、チームが一つになった。

 一死から8番・駒壽がレフト前ヒットで出塁。9番・筏は送りバントを決め切れなかったが、粘って四球を選んだ。2番・平石が3ボールから強打したのは、セオリーからは外れているが「あれが平石の持ち味。あの思い切りが相手にエラーにつながったのかもしれない」と宮下監督。城下は「無心になって次につなぐことだけを考えて」振り抜き、無我夢中でホームまで駆け抜けた。

 「型にはまらない、新しい鹿実の野球」を宮下監督は目指していると言う。それがいかなるものか、確固たるものはまだ見えない。ただ「どんなかたちでも勝ってみせる」気持ちを結果で示せたことが今大会一番の収穫といえるのかもしれない。その野球を確立するためにも九州大会の出場権を得たことは大きい。試したい選手、戦術以上に「目の色を変えて、相手にがっついていく」大会にするつもりだ。

(文=政 純一郎

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。