赤嵜が投打で活躍・鹿児島実



投打に活躍した鹿児島実・赤嵜 智哉

 背番号7の左腕・赤嵜 智哉(2年)の投打に渡る活躍で鹿児島実が完封勝ちをおさめた。

 鹿児島実は初回、併殺崩れの間に先制した。2回裏は先頭の6番・赤嵜がライトオーバー二塁打で出塁。8番・福﨑 浩志郎(3年)が追い込まれながらもライト前にタイムリーを放って追加点を挙げた。

 5回は二死三塁で2番・平石 匠(3年)のライト前タイムリーで3点目、7回は暴投で4点目を挙げた。
 赤嵜は右打者の膝元のスライダーを軸に巧みに投球を組み立てて、相手に狙い球を絞らせず、8回まで大島打線に三塁を踏ませない好投だった。

 

 大島は9回表、二死からエラーと連打で満塁と初めて大きなチャンスを作ったが、反撃もここまでだった。

 大島初の決勝進出への挑戦は鹿児島実の気迫に阻まれた。塗木哲哉監督は「いろんなことがうまくマッチングしなかった。鹿児島実のペースのままで試合が進んでしまった」と振り返った。

 打線が鹿児島実の左腕・赤嵜の前に4安打に封じられた。右打者の膝元のスライダーを軸にした投球を最後まで打ち崩せなかった。「変化球でもきっちりストライクをとってくるので、狙い球が絞り切れなかった」と同じ2年生左腕の大野 稼頭央。球速は大野が勝っていたが、変化球のキレと「マウンドでの落ち着き」を感じた。3回戦の樟南戦で好左腕・西田 恒河(3年)を攻略したように、点は取れなくても前半で球数を投げさせて後半勝負に持ち込みたかったが「ボールを見極め切れず、ようやくとらえた時にはもう9回になっていた」(塗木監督)。

 エース大野は鹿児島実打線に9安打された。うち7本は2ストライク追い込んでから打たれている。「鹿実打線は甘いボールを見逃さなかった」と大野。2、5回のタイムリーはいずれも1ボール2ストライクと投手有利のカウントだったが「勝負を焦ってしまった」。追い込んでからの決め球をどう磨いていくか、勝負を急がない配球や、逆に少ない球数で打たせて取る投球をどう身に着けていくかなどが、今後の課題になった。

 「鹿実の向かってくる気迫はさすが伝統校だと感じた」と塗木監督。ここまで攻守が今一つかみ合っていなかった印象の鹿児島実だったが、九州大会、決勝進出がかかった大一番で負けん気の強さを前面に押し出してきた。「夏はもっとその気持ちが強くなる」(塗木監督)のが伝統校。それらを上回って甲子園に行くために、大島がやるべきことは、まだまだ多いと痛感させられた。

(文=政 純一郎