得意の機動力で序盤主導権・鹿屋中央



鹿屋中央の得点シーン

 先手を取ったのは枕崎。初回二死三塁で4番・園田 隆童主将(3年)のライト前タイムリーで先制点を挙げた。

 その裏、鹿屋中央は一死一三塁から4番・金澤 諒(3年)のライト前タイムリーで同点とし、併殺崩れで2点目を挙げて勝ち越した。

 2回裏、鹿屋中央は一死から連打と四球で満塁とし、2番・馬庭 龍也(3年)のレフト前2点タイムリー、3番・峯山 叶聖(3年)の犠牲フライで計3点を加点し、序盤で主導権を握った。
 6回は8番・園田 昂希(2年)のセンターオーバーのタイムリー三塁打、スクイズでダメ押しの2点を加え、6点差とした。

 7回裏も無死二三塁とあと1点でコールドというところまで追い詰めたが、3番手・前田 尚大(3年)の好投と好守で枕崎は無失点で切り抜ける。 2回以降、精彩を欠いていた枕崎打線が息を吹き返し、8回は二死から粘ってチャンスを作り、5番・古川 海(3年)のレフト前タイムリーで2点目を挙げた。

 9回は下位打線が粘ってチャンスを作り、代打・黒飛 佐介(2年)のレフトオーバー二塁打で2点を返す。なおも一三塁と追い上げムードが続いたが、鹿屋中央のエース峯山が踏ん張って後続を打ち取り、3点差で逃げ切った。

 今年の鹿屋中央の持ち味は「機動力」(山本信也監督)。常に先の塁を狙う積極的な走塁で序盤、堅守の枕崎の動揺を誘い、主導権を握ることに成功した。

 1回裏、先制された鹿屋中央だったが先頭の1番・宮里 誠也(3年)はショート強襲の内野安打で出塁。2番・馬庭は送りバントではなくエンドラン。センター前のポテンヒットとなり、一走・宮里が判断良く三塁を陥れただけでなく、センターから三塁への送球間に馬庭も二塁に進んだ。「ランナー一塁からどう先の塁へ進むか、実戦形式の練習の中で徹底して取り組んでいる」(山本監督)成果を立ち上がりから発揮し、逆転に成功した。

 2回は一死から下位打線が連打でプレッシャーをかけ、相手のミスを誘い満塁。2番・馬庭のレフト前タイムリーで2者生還。一走・宮里も三塁を陥れている。3番・峯山のライトフライも浅めの当たりだったが「自分の足を信じてスタートを切った」宮里が5点目のホームに滑り込んだ。

 ランナー一塁、右方向の打球で三塁を陥れる。二塁ランナーはシングルヒットで生還する。送球間でスキがあったら常に先の塁を狙う…「今年は長打を打てる打者が少ない」(山本監督)分、そういった走塁ができる判断、スタート、走者をアシストする打球を打つことなど、練習で取り組んだ成果を随所に発揮した。

 ただ7回、畳みかけてコールド勝ちするチャンスがありながらものにできず、相手の追い上げを許した。宮里は「チームの甘さが出た。もう一度チームでしっかり話し合って、決勝や九州大会でもっと良い試合ができるようにしたい」と反省していた。

(文=政 純一郎

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。