好リリーフがチームの集中を作る・鹿屋中央



鹿屋中央・峯山

 鹿屋中央は1回裏、4番・金澤 諒(3年)のセンター前タイムリーで先制する。

 3回表、鹿児島工は3番・下津 大祐(3年)のライトオーバー二塁打、5番・原口 貴響(3年)の右中間三塁打、6番・小牧 武琉(2年)のライト前タイムリーと徹底した右方向狙いが功を奏し、集中打で4点を奪って逆転した。

 2点差を追いかける鹿屋中央は6回裏、9番・礒脇 海斗(2年)の犠牲フライ、3番・峯山 叶聖(3年)のライト前タイムリーで同点に追いつき、四球押し出しで勝ち越しに成功した。

 6回以降リリーフしたエース峯山が無失点で切り抜け、1点差で接戦をものにした。

 過去2戦はいずれも5回コールド、完封と圧勝で勝ち上がった鹿屋中央。この日は初めてリードを許した厳しい展開だったが、山本 信也監督は「良い試合ができた」と内容のある勝利を喜んだ。

 前半は相手の術中にはまり、守備から攻撃へのリズムがなかなか作れなかった中で、何よりの評価は6回からリリーフしたエース峯山の好投で「攻守にチームの集中を作ってくれた」ことだった。

 2点ビハインドでの登板だったが「焦らず自分の投球をすれば、必ずチャンスがくる」(峯山)と6回表をわずか7球で三者凡退に打ち取る。その裏の攻撃では相手のミスも絡んでチャンスを作り、自らのバットで同点打、四球押し出しで勝ち越しと、ようやく守備から攻撃への良いリズムが作れた回になった。

 圧巻は8回表。好調の相手の3、4番に連打を浴び、一死二三塁と一打同点、逆転のピンチを迎えた場面だ。「ピンチの時こそ、冷静に粘り強く投げる」と腹を決めた峯山は、6番・小牧を空振り三振、左打者の7番・折小野 隼人(2年)は内角低め直球で見逃し三振と連続三振で切り抜けた。厳しいコースにミットを構えた捕手・金澤の期待に応えるような切れ味鋭いボールで小気味よく打ち取った。9回は相手の代打攻勢をものともせず、3者凡退で試合を締めくくった。

 大会3戦目を迎えて「上に勝ち上がっていけばいくほど、投手がしっかり抑える展開にする」ことが勝つためには必要と峯山は感じていた。後半狙い通りの戦いができたことが、これからに向けての大きな収穫になった。

(文=政 純一郎