反撃もあと一歩及ばず・国分中央



円陣を組む国分中央の選手たち

 鹿児島実は2回、二死満塁から2番・平石 匠(3年)のライト前タイムリーで先制。2つの暴投で更に2点を加え、計3点を先取した。

 4回表、2番・平石が左中間を破る三塁打で追加点を挙げた。

 国分中央はその裏、一死二三塁として7番・中村 光希(3年)の内野安打で1点を返した。

 5回以降は鹿児島実・赤嵜 智哉(3年)、4回からリリーフした国分中央・河野 晴斗(3年)、両左腕の好投などで両者追加点が奪えないまま終盤を迎えた。

 鹿児島実は9回表、1番・城下 拡主将(3年)のレフトオーバータイムリー二塁打で待望の追加点を挙げる。

 追い込まれた国分中央はその裏、先頭の8番・河野から3連打を浴びせて満塁とし、内野ゴロと3番・勝本亮太主将(3年)のセンター前2点タイムリーで1点差に詰め寄った。

 同点、逆転劇へ意気上がる国分中央だったが、最後は併殺で倒れ、反撃もあと一歩及ばずだった。

(文=政 純一郎