「野球」ができるようになった・喜界



神村・逆瀬川

 神村学園は2回裏、無死満塁から暴投と2番・前薗 奎斗(3年)のセンターオーバー二塁打で計3点を先取した。

 3回もヒット、エラー、死球で満塁とし、押出し、8番・逆瀬川 敬(3年)のスクイズ、2番・前薗の走者一掃二塁打で計5点を挙げた。前薗は3安打5打点と気を吐いた。

 逆瀬川、内堀 遼汰(2年)の継投の前に反撃の機会がなかなか作れなかった喜界が7回に意地を見せる。

 先頭の3番・富田 楓河主将(3年)が内野安打で出塁。二死二塁として相手のエラーで1点を返した。

 昨秋2回戦、喜界はシード樟南に0対10で5回コールド負けだった。今回もシード 神村学園にコールド負けではあったが、失点は1桁で止めた。7回まで戦い、1点を取ることができた。一冬越えて成長し「チームの方向性は間違っていなかった」(松元 修監督)ことが確かめられた。

 序盤の2、3回、エラーも出て浮足立ち、長打も浴びて8失点と差がついた。それでも「ある程度は覚悟していた」(松元監督)分、その後をしっかり戦うことを意識付けた。エース村田 健太朗(3年)は途中からマウンドに上がった三回は走者一掃の長打を浴びたが「気持ちを切り替え、しっかりコースに投げ分ける」ことを意識した四回以降は、1失点で切り抜けることができた。

 「楽しめているか?」。4回を無失点で切り抜けた村田に松元監督は尋ねた。「楽しいです!」と村田は答えた。

 自分のボールでいくつか凡打に打ち取った。4回は右翼手・竹下 慎之佑(2年)の好返球で本塁アウトを取った。5回は捕手・盛 聖也(2年)が盗塁を刺した。7回は自らの打球がエラーを誘い、1点を取った。力の差がある強いチームが相手でも、自分たちのやってきたことが通じるのを「楽しい」と思えた。

 打者によって守備位置を変えたり、次の展開を予測して声掛けをするなど「打つ、投げるだけでない『野球』ができるようになってきた」ところに松元監督は一番の成長を感じた。これから夏に向けて「体力を上げて、守備力もつけて、また 神村学園と試合がしたい」と村田は笑顔で言い切った。

(文=政 純一郎