3ランでダメ押し・鹿児島



 鹿児島は3回表、一死満塁のチャンスに5番・塚田 仁湧(3年)のレフト前タイムリーで2点を先制した。

 5回は6番・五反田 拓夢(3年)のセンター前タイムリーで追加点を挙げた。

 出水中央は6回裏、併殺で二死となった後、四球、暴投でチャンスを継続。途中出場の7番・尾上 幸陽(3年)のレフト前タイムリーで1点を返した。

 7回に再び6番・五反田のタイムリーで点差を広げた鹿児島は8回表、二死から3連打を浴びせ、3番・奥 琢人(3年)が右中間を深々と破る。五反田も生還するランニング3ランとなり、点差を広げるダメ押し点となった。

 出水中央はその裏、4番・山内 飛翔(3年)のレフト線二塁打、6番・堂後 拓仁(3年)の犠牲フライで2点を返して食らいつく。

 9回裏、2本のヒットで一死一三塁と逆転への執念を見せたが、鹿児島は3番手でリリーフした新村大輝(2年)が後続を絶ち、出水中央を退けた。

(文=政 純一郎

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。